トレーナーが求められるもの

健康運動指導士とnsca-cscsの
資格をもち運動初心者から
トレーニング愛好者の
トレーニング指導を行う
ストレングス&コンディショニングコーチの
masaya odaです。
今回はトレーナーが求められるもの
について綴らせて頂きます。

さまざまな方たちがパーソナルトレーニングへ

パーソナルトレーニングを
受けにくる方のご要望として、
『ボディメイクの方』
『股関節に痛みのある方』
『継続的に運動を続けたい』
『健康維持の方』
『シェイプアップしたい方』
『ご自身のパフォーマンスを高めたい方』

などなど、様々なご要望の方が
いらっしゃいます。
我々トレーナーは
個人のなりたい、やりたい事に対して
柔軟な対応しなければなりません。

おだ

変形性膝関節症や椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群など、さまざま疾患を抱えた方たちが

パーソナルトレーニングを受けに来ていただけています。

しかし、お客さんの大半のパーソナルトレーニングのイメージは
ダイエットだけの為にパーソナルトレーニングを
受けにくるものだと思った方が多く見受けられます。
確かに最近よく見かけるのは
『○ヵ月で△△kgダイエットに成功!!』
という宣伝や広告をよくみます。

おだ(心の声)

しかし、我々トレーナーの仕事はそれだけではありませんよね。


同じ人間の身体なので、
痛みを持っている方も、パフォーマンスをあげたい方も、
身体の構造を理解し、原理原則をおさえ、
なぜそうなっているのかの根本原因を突き詰めれば

ご要望に添える形もつくれると思います。

原因を追求することがまず優先☝️

なぜそうなるのかを見つけていく

今まで担当した方々も
『腰の痛みが緩和した』
『できない動きができるようになった

というような変化を体感した方達がいるのも事実です。
「トレーナーができること」
というものはまだまだ知られていません。
我々はパーソナルトレーナーの
認知度を上げ、出来ることを増やして、
クライアント様が体作りを通して、
より良い生活を送れる為にパーソナルジムに通う。
こういう風になってもらいたいです。

トレーニングを始める動機は人それぞれ

我々トレーナーは根本原因を追究し、
解決に導いていきます。
ボディメイクだけやシェイプアップだけではなく、
ご自身のパフォーマンスを最大限高めるためにも
パーソナルトレーニングを利用しても良いと思います。

この記事を書いた人

ODA世界観

ODA世界観

NSCA-CSCS
健康運動指導士
健康運動実践指導者

パーソナルトレーナーとして年間で2000件近く指導してきて、豊橋市内での指導件数は一番多いのではと自負があります。それが経験として活き十人十色の骨格・体力を瞬時に認識して適したトレーニング指導ができます。
NSCA-CSCSの資格を取得して以来は、ウェイトトレーニングばかりではなく身体の柔軟性や動かし方などのコンディショニング面の改善意識も強く持つようになりました。ボディメイクはもちろんのこと、姿勢の意識をはじめとする腰痛や肩こりに対してアプローチし身体の不調を整えながら楽しくトレーニングを行えたらと思います。