エビデンスとは何か

 こんにちはKONDOです。
今日はちょくちょく耳に、目にする
エビデンス」について記述します。

エビデンスとは?

 科学的根拠・根拠のことです。
つまり「エビデンスがある」という文は
「根拠がある」という意味です。
よく用いられるケースとしては
やはり何かしらの製品の説明文ですね。
サプリメントだけでなく美容の物にも
多用されています。
結局これは科学的根拠があるので
この商品は効果があるよってことを言いたく
販促の一部
なわけです。

心の声

「○○大学(病院)での研究で
効果が実証されました」
みたいに書かれていると
なんか安心するもんな。

 そうですね。結局消費者が
安心して購入できるような“企業努力“
って良く言えばそうですね。

でもそれで安心するのは早合点です。

心の声

KONDOお前否定ばっかやな!!

 仕方ない。世の中そんなんばっかです。

エビデンスヒエラルキー

 「エビデンスヒエラルキー」。
めちゃくちゃ強そうな名前ですね。
ヒエラルキー=階層→レベルです。
つまりはエビデンスにもレベルがある
ということです。

 信憑性が高くエビデンスとして
高尚な物で「科学的根拠がある」
と発言しても良いレベルのもの

以下の2つ。

  • システマティックレビュー
  • メタアナリシス(メタ解析)

上記の2つは2次に位置付けられ
統合的な評価の結果科学的根拠として
裏付けできている物です。
これら2つが表記されているものに関しては
ある程度信じても良いかもしれませんね。

 では「心の声」が言っている
「○○大学(病院)で・・・」の文ですが
これは一次で「専門家の意見」程度のレベルです。

そもそも1つの栄養素に対する研究でなく
民間企業のある製品についてのエビデンスですから
単純に専門家の意見レベルで
止まることが当たり前ですよね。

 つまり民間のメーカーが出している製品で
上位階層のエビデンスを
持つものなんてないんですよ。

 故に「効果が実証された」は
実際には実証されてはいません。

その機関の、その機関で、実施した
環境・条件で実証されただけで
あなたがその条件に沿っているかは
分からないわけです。

科学は絶対ではありません。
あくまでもその科学的根拠を
参考にする程度にとどめ
鵜呑みにすることは控えましょう。
ただ科学的根拠も何も無いのに
効果があると強く謳うものに対しても
盲目的に購入することも控えましょう

この記事を書いた人