乳酸は疲労物質じゃないよ。

  KONDOです。
今日は乳酸の話です。
パーソナルトレーニングをしていると
「乳酸が溜まってきた~」と疲労感を示す感じで
乳酸=疲労物質 の様に
認識している人が大多数居ますが
これ、誤り
です。

乳酸って何?

 まず乳酸とは何か、ですが
端的に言えば糖が分解されたときに発生する物質です。
ウェイトトレーニングなどで速筋を使用する際
エネルギーを作り出すために糖からの産生がメイン
になります。
ちなみにこの糖からエネルギーを作り出すプロセスを
解糖系といいます

そして糖はピルビン酸というものに変化し取り込まれますが
その量は一定で余剰分が乳酸という形で保存されます


この糖からのエネルギー産生の過程における
余剰分として出て保存された乳酸は
体内においてエネルギー源として利用されます
このとき使われるのが酸素です。

ご意見番

ん??
乳酸は疲労物質じゃないどころか
逆にエネルギー源
ってことか?

KONDO

その通りです。
運動した後の疲労した状態で測定すると
乳酸が沢山ある(エネルギーを産生したから)
=疲労物質
としたひと昔前の時代はそう思って当然
ということです。

常識は覆される

 この乳酸においては勘違いというか
誤認していて当然な理由があります。

ファン

教科書で疲労物質的に
書かれていた気がする・・・

KONDO

そう、そこなんですよね。
ですがもう書かれていないはずです。
確か2010年以降あたりからはそういった記述はありません
つまり言い換えれば2010年以前に高校生だった人は
乳酸=疲労物質 的な認識になっているまま
だと思います。

まあでもこの認識のままの人が自分の子に教えたり
何かしらのスポーツの指導者が
そのまま子どもたちに伝えたりすることで
2010年以降、現在進行形で乳酸=疲労物質
という認識を持っている人が大多数を
占めていることが予想できます。

これが分かれば
クエン酸が疲労回復にほぼ無意味だと
いうこともついでに理解しておくといいです。
ちなみにクエン酸が乳酸を減らすというには
40~50g必要の様ですが・・・。
そして前述の通り乳酸は保存された余剰分で
体内でちゃんと利用されていますから
減らす必要性、無い
ですよね。

そもそも疲労とは

  疲労は複雑な体内の活動が原因で
起こりますので1つに限定できません

  • 糖質や脂質のエネルギー不足
  • イオンバランスの変化や減少
  • エネルギー産生が間に合っていない

などが挙げられます。
故に乳酸が体内で増加することが
疲労を招いているわけではありません。

まとめ

 乳酸=疲労物質
という認識は2010年までに高校生だった人なら
仕方ない誤認であり
乳酸は糖質からエネルギーを産生する際に出る
副産物でちゃんと体内で利用される物質
という正しい認識にアップデートしましょう


 違う観点からいうと
乳酸を沢山発生させて(十分なエネルギー産生)
しっかり利用できる能力が高い人が
アスリート的に優れてる
ということです。

乳酸ができるということはちゃんと糖を使っているということ
乳酸はエネルギー源であること

しっかり覚えておきましょう。

そもそもですが
運動の疲労が乳酸のみによって引き起こされているなら
乳酸は運動後30分ほどで元の数値に戻りますから
30分で疲労感が無くなっていないとおかしい
のです。

乳酸は疲労物質ではありません。
逆です。エネルギー源です。

maison de FLEXER

BIG3 NEWS アスリート アタッチメント アミノ酸 サプリメント シェイプアップ スクワット ダイエット ダンベル デッドリフト トレーニング トレーニングギア トレーニングテクニック バーベル パーソナルジム パーソナルトレーナー パーソナルトレーニング ヒップアップ プロテイン ベンチプレス マシン マニアック 健康 器具 尻トレ 日常 栄養素 産後ダイエット 知識 科学的根拠 筋トレ 筋肥大 美容 美尻 肩トレ 背中トレ 胸トレ 脚トレ 腕トレ 評論 運動 運動初心者 除脂肪 食事


この記事を書いた人