最新科学の筋肥大に対するRM

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
本日より新年度が始まりましたね。
今年度のスタートとともに、
筋肥大に対する最善RM数(レップ数)の
論文が新たに発表されました

今回はその論文を引用していきます。

現在のレップ数に対する認識としては
高重量で低回数(1~5RM)が筋力、
中重量で中・高回数(8~12RM)が筋肥大
というのが共通認識
であると思います。
先に言ってしまうと、
今までの認識とは”ズレ”が出る研究です
メタアナリシスとかではなく、
あくまでもその可能性を示唆しているぐらいの
感覚で見ていけばいいかなと思います。

引用

今回の論文はこちらを引用しています。
結果から言うと、大胸筋において
4RM、8RM、12RMの体積量の変化に
有意な差は見られなかった

4RM(11.1±4.3%)>8RM(10.1±5.1%)>12RM(11.3±4,5%)
微々たる差ではあるが、
ほぼ、体積的な変化は無かった。
1RM(最大挙上重量)においては、
4RMと8RMにおいては有意な差が無く

12RMにおいては有意に低かった

方法
対象は健康な男性42名(19.5歳~24歳)。
高負荷×低回数(4RM) ×7セット、
中負荷×中回数(8RM) ×4セット
低負荷×高回数(12RM)×3セット
非対称群の4グループを対象に、
トレーニング内容はベンチプレスを実施。

論文としてはこのようになっています。
過去の認識、結果との”ズレ”があった理由に
過去の研究はピーク部分の筋厚と断面積を
求めていたため、正しく評価されなかった
と記されています。
面積などではなく、正確に評価するためには
筋量を調べる必要がある
と述べられています。

まとめ

高回数嫌いな亀山大歓喜です。
私はこの論文を支持します。
これは見解ではなく、好き嫌いです。
そんな話は置いといてと。

あくまで研究対象のトレーニング歴や
年齢などがあり、一個人に当てはまらない場合が
あることをご理解ください。
この新しい結果は、
今後の研究方法にも変化が
見られると思います。
今後の研究においてこの結果が
支持される場合、トレーニングメニューの
組み方にも更なる変化が必要になります。
昨日まで正しかった事が今日には間違いになっている。
そんなことがざらに起こる業界のため、
自分のやり方を信じると言うのも一つの手です。
継続が一番の力です。

この記事を書いた人

BIG FACE KAMEYAMA

BIG FACE KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。