パーソナルジムの徒然日記

こんにちは。
夏に向けて体を変えたい方この時期いるかと思います。
この記事ではとあるお客さんを例に挙げていこうと思います。

鍛錬する人

生活を見直すということ。大事。

過去のお客さんに関しての投稿は以下参照に
お客さんの努力あってこその数字的な結果
パーソナルトレーニングの日常
世界から筋肉をなくしたら何が残るのだろうか?

クライアント情報

・50代女性主婦
・事務職
・トレーニング頻度、週に1回(主に下半身のトレーニング)
・普段の生活で右膝に痛みを感じていた。
・運動習慣はない
・食事において普段何を食べているか全く把握していない。
・2021年1月よりスタート
・アイコンがケーキ

トレーニング内容

トレーニングを進める前にカウンセリングを行い
目標を明確に決めていきました。
カウンセリングの時の情報として
もともと膝を痛めているとのこと。
何かの拍子で膝に負荷がかかる時に痛みが生じているとの
ことだったので、原因を追及することをトレーニング前に確認。
どの角度まで膝を曲げると痛みが生じるのか?
また、負荷をかける時に、どの態勢、どの動きを行ったとき
負荷が乗ると痛みが
出るのかをスクワット動作を用いて確認作業をします。
そのあと、そこからトレーニングメニューを決めていきます。

確認が取れたところで
痛みの原因がフォーム動作不良及び、
運動不足による関節可動域の低下(特に股関節周辺)。
まずは、関節可動域の確保と
フォーム動作の獲得を3ヶ月~4ヶ月の期間の中で
目標にしていきました。
臀部周辺の機能を改善するために
レジスタンスバンドを用いてのトレーニング。
スクワットにおいては、
膝にかかる負担が膝主体のスクワットフォームであることから
股関節主体のスクワットフォームの獲得を目的。
そして日常生活での禁忌動作も伝え、日常生活での
動作の見直しを図りました。

食事について

また食事内容に関しては、
何をどれだけ食べているかその把握から
確認をしてもらいました。
ここでも生活の見直しです。

日々の食事を写真に収めて
週に1回のトレーニングの時に
見返しながらアドバイス。
元々の食事内容の割合が
P(たんぱく質)10%
F(脂質)30%
C(炭水化物)60%

でしたので割合を少々変更してもらいました。
炭水化物大好き系でしたので
大まかなアドバイスとしては、
たんぱく質食材を意識的に摂取することを
日常生活の中で行ってもらいました。
パーソナルジムに通う前は知らないうちに
摂取カロリー過多になることが多いので
見返しては修正を加え見返しては修正を
繰り返し行ってもらいました。

2021年5月現在

時がながれ、トレーニング開始から4ヶ月。
元々持っていた膝の痛みに関しては
股関節周辺の筋群の活動と
股関節可動域確保の好影響で緩和しました。
また、食事内容の割合に変化を付けたことで
オーバーカロリーを回避することができ、
4ヶ月のスパンで-7キロ減。
炭水化物過多の習慣から修正を加え
結果的に体重の減少を獲得しました。

今回やったこととしては
生活を見直すこと
食事の割合を見直すこと
フォーム修正して膝関節の負担を減らすフォームや
対処動作を獲得したので

痛みを感じることがなく現在もトレーニングに励まれています。
生活を見直してちょっとだけ意識を変えることで
ある程度変化を出すことが出来ます。

夏に向けて体を変えたい。
そんな方に対して、
自分の食事やフォームを見直すこと
そこが生活を見直すことに繋がります。
見直し本舗的な

生活を見直すその第一歩としてパーソナルトレーニングを利用する
そんな感じでジム選びしてもええんじゃないかなーと思います。






この記事を書いた人

ODA世界観

NSCA-CSCS
健康運動指導士
健康運動実践指導者

パーソナルトレーナーとして年間で2000件近く指導してきて、豊橋市内での指導件数は一番多いのではと自負があります。それが経験として活き十人十色の骨格・体力を瞬時に認識して適したトレーニング指導ができます。
NSCA-CSCSの資格を取得して以来は、ウェイトトレーニングばかりではなく身体の柔軟性や動かし方などのコンディショニング面の改善意識も強く持つようになりました。ボディメイクはもちろんのこと、姿勢の意識をはじめとする腰痛や肩こりに対してアプローチし身体の不調を整えながら楽しくトレーニングを行えたらと思います。