日焼けの種類と才能について

こんにちはTOMOAKIです。
大会2ヵ月前になり、
先日、日焼けを開始しました。
久しぶりに強いマシンで焼いたので
その日の夜からヒリヒリと皮膚が痛み
服の摩擦が激痛です。辛いです。

しかしボディビル競技で
より絞れて見えるために
またステージの強いライティングで
白飛びしないために
できるだけ肌を焼き込んで
黒くすることは重要です。

そんなわけで今回は
日焼けの種類や日焼けの才能などを紹介します。

過去記事:サイドチェスト解説

サンバーンとサンタン

英語で”sunburn(サンバーン)”と””suntan(サンタン)”を
日本語ではどちらも”日焼け”と呼んでいますが
厳密には日焼けには2段階あります。

紫外線で皮膚に炎症が起こり、真っ赤で痛い日焼け(サンバーン)として現れます。日光にあ
たって数時間後から赤くひりひりとした炎症が起こり、8時間から 24 時間でピークとなり、
2、3日で消えて行きますが、あたりすぎたときは水ぶくれとなって皮がむけます。海水浴など
で日焼けをしすぎたと思ったら、なるべく早く冷水タオルなどで冷やすと多少軽減されます。
 サンタンは日光にあたって数日してから現れ、数週間から数ヵ月続きます。紫外線で色素細
胞が刺激され、メラニンをたくさん作るために起こります。

https://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf

日焼けして肌を黒くするまでには
赤くなるサンバーンを起こした後
黒っぽくなるサンタンを
引き起こす必要があります。
下図がとても分かりやすいのでご覧ください。

日焼けの才能

日焼けにおいて焼けやすい人、
焼けにくい人、もとから黒い人など
色々な種類があります。

国際的なスキンタイプでは白人が該当するタイプⅠから黒人が該当するタイプⅥま
で6 段階に分けられています(表2-1)。日本人はこの基準ではタイプⅡからⅣくらいです。
日本人でも色白で、日光にあたると赤くなりやすくて、黒くなりにくい人は紫外線対策が
必要です。

https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2020/matsigaisen2020.pdf

自分は今までの経験からタイプでいうと
おそらくタイプⅢに属します。
大会までは3ヵ月ほど前からコツコツ焼けば
それなりに黒くなれます。
お金も時間も使って肌を焼きますが、
当ジムトレーナーの一切日焼けしていない
亀山さんにはかないません。
亀山さんはおそらくタイプⅣなのでしょう。

また大会に向けて日焼けしようとしても
赤くなるばかりで、中々サンタンしない人もいます。
そういう人はおそらくタイプⅡです。

このように日焼けには才能があり
タイプⅣの人はボディビル競技の才能が
一つ備わっていると言えます。

どのタイプに属していようと
大会で少しでも身体を良く見せたいなら
無理ない範囲でしっかり焼きましょう。

この記事を書いた人

TOMOAKI

2021年度JBBFジャパンオープンクラシックフィジーク168cm以下級準優勝など数多くのコンテストで優れた成績を残し続けており、2022年度から正式にmaison de FLEXER所属のパーソナルトレーナーとして指導中。KONDOやKAMEYAMAより常日頃から様々な知識を供給されそれを活かしてオンラインコーチングで月当たり約30名を指導している。