急激なダイエットはリバウンドしやすいのか

KONDOです。

新型コロナウイルスに感染しました。笑
家庭内感染なので仕方ないです。←
昨夜39度ちょいまで熱が上昇し
今は38度ちょいです。暇です。
10日間も自宅軟禁ですから。

・・・こんな高熱がスパーンって
上がる程度のものに振り回されてたのか
って思うと腹立ちます。笑
インフルもなんだろうが後遺症云々はあるっしょ。
ちょっとコロナウイルスに対して
認知の仕方変えるべきかと。

ともあれ38度超えてますので
論文紹介という簡潔な記事書かせてください。

急激なダイエット

肥満者の減量速度によりリバウンドの影響を
調べた研究となります。

BMI 28~35の57名を無作為に2群に割り付け、
低カロリー食(LCD)1,250kcal
それを12週間の期間で減量する群と
超低カロリー食(VLCD)500kcal
5週間という期間で減量する群で
減量期間後の4週間は維持するための
エネルギー摂取量とし、
その後9ヶ月の追跡調査を行っています。

結果的には両群の減量度は同等で
特にリバウンドに影響せず
体重再増加に関しても差は無かった。
ただし除脂肪体重の減少は超低カロリー食の方が
大きかった。

つまるところ超低カロリー食であると
筋肉が分解されてしまいやすいということです。

まとめ

特に女性でダイエットと意気込んで
ただただエネルギー摂取量を減らして
不健康ダイエットをされている方が
めちゃくちゃ多いです。

ダイエット前よりも筋肉量が減少して
体重は減ってもみすぼらしい体型に
見えてしまうかもしれませんよ。

長期的に無理なく計画的にダイエットすることが
ベターかと思います。

ボディメイクとエネルギー収支は
上の記事をご覧ください。

この記事を書いた人

KONDO

プロフィール不詳。