大会に向けた減量【Tさん】入賞

こんにちはTOMOAKIです。
今日も前回に引き続き
クライアントさんの大会に向けた減量を
紹介していきます。

過去記事:大会に向けた減量【Tさん】

基本情報

  • 年齢:20代前半
  • 身長:170cm
  • 体重:75kg~67kg
  • コーチング期間:約70日
  • 目的:自分に合った食事管理を身に付け、絞り切ること
  • 減量歴:自身で86kgから75kgまで減量経験あり

コーチング内容

ご自身でもともと減量されており
PFCや食材も特に問題なかったのですが
大会までのラスト2ヵ月という短さと
現状のコンディションを踏まえて
1800-1900kcalに落として減量して頂きました。

仕事でかなり身体を動かされることと、
普段の疲労の感じを聞いて
有酸素は追加で極力行わないように
食事のみで減量に取り組んで頂きました。

またメンズフィジーク出場にあたり
ポージング練習の写真や動画をほぼ毎日のように
送っていただきました。

送られてきたポージングに画像や文、
動画でフィードバックさせていただき
ポージングの完成度もどんどん上がり、
ステージでは、ばっちりポーズを決められました。

仕上がりも間に合いそうと見立てが立ち、
後半はカーボアップのリハーサルも兼ねて
ハイカーボデイとして糖質源や量を
何パターンか試してもらい、
一番体感良かったものを最終調整に持ってきました。

大会結果は本人の頑張りあって
新人と一般部門にて4位、3位とW入賞されました。
おめでとうございます。

最後に

大会に向けた減量中はなるべく疲労を
小さく抑えつつ絞り切りたいため
仕事などで運動量がある場合は
有酸素運動は追加で行わずに
食事のみで減量を進めるというケースが今までもありました。

例えば、消防士、スタジオインストラクター、
工場で結構身体を動かす仕事、
営業で良く歩く仕事など
勤務時間に消費エネルギーがかなりある場合は
追加の有酸素なく最後まで絞りきられています。

大会に向けた減量=有酸素必須!
のようなイメージを持っている方もいますが
エネルギー収支のマイナスが大きくなり過ぎないよう
有酸素を行うかどうかを判断すると良いかなと思います。

亀山さんの過去記事にもある通り
エネルギー収支のマイナスが500kcalを
目安にすると良いかなと思います。

この記事を書いた人

TOMOAKI

2021年度JBBFジャパンオープンクラシックフィジーク168cm以下級準優勝など数多くのコンテストで優れた成績を残し続けており、2022年度から正式にmaison de FLEXER所属のパーソナルトレーナーとして指導中。KONDOやKAMEYAMAより常日頃から様々な知識を供給されそれを活かしてオンラインコーチングで月当たり約30名を指導している。