こんにちは。トレーニング。

こんにちは。ODAです。
いきなりで恐縮ですが、挨拶って大切ですね。
挨拶がしっかりと出来る人は
自分の知らない周りでプラスの出来事が起こっている。
それが巡り巡って自分にプラスに働くから
しっかり挨拶をして損はないと
おばあちゃんに言われた記憶があります卍
ということでこんにちは。ODAです。(2回目)

さて、話が脱線してしまいましたが、戻しましょう。
当ジムはトレーニング初心者からトレーニング経験者と
幅広くトレーニングを愛して頂けるお客さん達がいます。

不安を1個ずつ解消して出来る事を増やしていく

トレーニング経験者ばかりが来そうな我がジムですが
体験に来られる方は運動初心者の方々も多く
中には体力に自信のない方もいます。
トレーニングについて行けるか分からないと
不安に思う方も少なからず。
トレーニングの運動強度やメニューの選択は
お客さんの体調、体力、耐性、関節可動域のなどの
要素を総合的に判断をしてその人が出来る最大限を
引き出しながらトレーニングを行っていきます。

トレーニング強度は段階を踏んでいき
徐々に出来る事を増やしていく。
多くのお客さんに共通して言えることとして
初めは全くできなかった動作、種目が
少しずつ出来てくること。
人によって成長の早さに違いがありますが、
一個ずつ動作の修正と実践を繰り返し
少しずつ不安を解消していきます。

ふとした時に、そういえば出来る事が増えてきたなーとか、
そういえば負荷に耐えられるようになってきたーとか
ちょっとした時に感じられればと思います。
その時には体験や運動を始めたときに
抱いていた不安は解消されているはずです。

こんにちは。トレーニング。every day

ということで
こんにちは。トレーニング。
今日も元気よく。黙々と。


その他のブログはコチラ

この記事を書いた人

ODA世界観

NSCA-CSCS
健康運動指導士
健康運動実践指導者

パーソナルトレーナーとして年間で2000件近く指導してきて、豊橋市内での指導件数は一番多いのではと自負があります。それが経験として活き十人十色の骨格・体力を瞬時に認識して適したトレーニング指導ができます。
NSCA-CSCSの資格を取得して以来は、ウェイトトレーニングばかりではなく身体の柔軟性や動かし方などのコンディショニング面の改善意識も強く持つようになりました。ボディメイクはもちろんのこと、姿勢の意識をはじめとする腰痛や肩こりに対してアプローチし身体の不調を整えながら楽しくトレーニングを行えたらと思います。