筋膜リリースという言葉自体が良くない

 KONDOです。
今日はこれも数年前から頻繁に耳にする様になった
「筋膜リリース」について。

誤解されている言葉、筋膜

 そもそも筋膜とはなんぞや、と。
本やテレビでもよく取り上げられたり
急に大拡散したモノだと認識してますが
皆さん筋膜のことを理解していますか・・・?
これもまた誤って広まってしまったモノで
尚且つ曖昧な表現
でとりあえず
ストレッチポールや金属みたいなモノで
ぐりぐりやるって感じのことって印象が強く
あるんじゃないですかね。
てか寧ろ筋肉をぐりぐりやること=筋膜リリース
って解釈している人がほとんどなはず。
 そもそもなのですが日本で広まっている
いわゆる「筋膜」が指し示すものが
本来の「筋膜」を指し示していないという
非常に誤解のある言葉
だということを
まずコレを見ている人に覚えて頂きたい。

本来の定義

 解剖学上の筋膜(Fascia)は、
皮膚やその下の皮下組織、脂肪層や膜組織など
広い括りの組織
であります。
一方巷でいう筋膜は筋肉を覆う膜的な
逆に狭いニュアンスで広まっている印象です。
この狭いニュアンスでの「筋膜」は
本来では筋筋膜(Myofascia)と呼ばれる部分

そもそもが違うということです。
またその筋筋膜(Myofascia)をピンポイントに
狙ってストレッチすることも構造上不可能
です。
そして前述の通りの
ストレッチポールなどで筋肉をぐりぐりすること
=筋膜リリースとなっている方が多いのですが
筋膜はぐりぐりした程度では何も変化しません

知らん人

じゃあただのセルフマッサージとか
ストレッチと何ら変わらないじゃん。

 まさしく。
もうこれで記述することはありません。
実際「言葉自体が勘違い」されているだけで
構造上ピンポイントにもストレッチすることは
不可能
な訳ですからもうセルフマッサージって
言って筋肉をほぐせてリラックスできるし
気持ちいからって感じでええやんけってことです。

知らん人

でも整体とかでも筋膜リリースって
書いているところもあるし・・・

表記的に「マッサージ」と書けない

 豊橋市内でも素晴らしい整体院さんは
数多くあるだろうし(自分は整体に行ったことない)
柔道整復師やらの国家資格を保有している
整体院さんが沢山あることは大前提として、
整体院にもパーソナルジムと同じく
法的な資格制度が存在しません
ので
開業時に資格不要な訳です。
(やっていけるかは知りません)
なので私が当ジムのメニューで
「整体」としても何ら問題無しなのです。
(やらんけど)
なんでこんな話をしたかというと
マッサージは国家資格が必要
「マッサージ」と宣伝することや
のれんを出すこと、HPに表記することは
無資格者ではできない
のです。
そんなわけで色々理解したのちに
割と良く耳にする言葉である
「筋膜リリース」を“あえて
表記する整体もあるとかないとか。

ご意見番

じゃあ「筋膜リリース」って表記を見たら
マッサージだけどマッサージじゃない
もみほぐし・ストレッチ的なモノ
って思っておけばええんか?

YES。

ガリODA

そもそも整体が国家資格不要ってのも
マッサージが国家資格必要ってのも
知らない人は多いですよね。
これで「もみほぐし」って表現のお店が
非常に多い理由が分かりますね。

眠りの亀山

言葉遊び多くないですか〜?

KONDO

亀山静かに。
「筋膜リリース」って言葉自体が
あまりよろしくない表現ってことを
理解してもらえればいい
んだって。

単純に筋肉セルフマッサージ
って言ってればいいんだって。

日本人って好きですよね
単純な答えを複雑にして
悦に浸るの

呪術廻戦 順平

皆言葉遊びが好きなのさ

呪術廻戦 真人

この記事を書いた人