BCAAをジュース代わりにはやめた方がいい

KONDOです。

本日もよくあるパターンのInstagramで見た投稿について
記事を書いていきたいと思います。

「BCAAを炭酸で割ってジュース代わりにすると
食欲が抑えられて甘さも摂れてダイエットの味方」
的な文や
「BCAAを常飲することで筋分解を抑えられる」
「血中アミノ酸濃度を高めるためにBCAAを水分補給に」
などの情報発信が見られます。

↑間違いです。

BCAAと筋肥大

過去にBCAAについては記事にしています。
BCAAについてよく謳われている

  • 疲労回復
  • スタミナ増強
  • 筋肥大
  • 筋分解抑制

あまり科学的根拠が無いというのが実態です。

加えてBCAAに対する最近の総論としては

  • 日頃から十分にたんぱく質を摂取していれば
    BCAAを摂取するメリットは特に無い

要するにBCAA単体による効果は低く
十分なたんぱく質摂取が優先で前提事項
ということです。

今回は特にBCAAをジュース代わりに
仕事中や外出時に飲むという人が割と居るので
それについての記述です。

結論的に
BCAA単体摂取によりBCAA量が増え
必須アミノ酸のバランスが崩れることで
筋タンパク質合成は促進せず寧ろ減少する

ということです。

・・・逆にデメリットじゃないかああ!!って
感想が出ると思いますがそんな感じです。
あまり摂取しても意味が無いにしても
トレーニング中に飲む程度なら
体内のアミノ酸量に不均衡が出るというのは
あまり無いのかな???とは思いますが
ジュース代わりに飲むのは控えた方が良い
と思います。

ロイシンについても同じくです。
ロイシンのみを多く摂ったところで筋タンパク質合成が
促進するどころか減少します。
ロイシンが筋肥大のトリガーかあ!って
ロイシンを多く摂ろうと考える気持ちも分かりますが
単体摂取ではメリットはないです。

ゆえにアミノ酸は特定のもの単体で摂るよりも
一緒くたに全部摂るのがいい
のです。

まとめ

  • BCAA単体の濃度が増加すると
    筋タンパク質合成が減少する可能性がある
  • 仕事中や出先などの飲み物として
    BCAAを摂るのはやめた方が良いかも
  • アミノ酸は特定の単体摂取ではなくて
    アミノ酸スコアの高いたんぱく質を摂るべき

だからEAAが推されている昨今です。
普通にホエイプロテイン飲んでおけばOKです。

この記事を書いた人

KONDO

プロフィール不詳。