疑似科学をぶった切って敵作りすぎてない??

 KONDOです。
パーソナルジムmaison de FLEXERのブログ、
ご存知の通り理論攻めって感じで
嫌いな人は嫌いですよね分かります。←
しかしながら医療関係者や接骨・整体の柔整の方や
理学療法士などなど各方面からありがたいことに
賛辞があることも事実ですし指導者側としては
嘘をついて利益だけ貪るなんてことはダメ
ですから
嫌われても何でもOKです。←
そして敵を作っている認識はございません!!!
単純に彼ら彼女らが謳っている事柄の
エビデンスを見てみたいこととそれについて
どういう解釈をしているのか知りたいだけなのですが
如何せんどこもかしこもエビデンスが無いので
ただただ困っている
だけなのです。←

オタク亀山

ある訳ないじゃないですか。
絶対無いこと知ってて書いてますよねw

疑似科学体験者の多さ

 パーソナルトレーナーとして活動していると
多くの人と出会うことは言うまでもありませんけれども
そのおかげで多種多様なお話を聞かせて頂けて
我々も何か成長しているというか知見が広がっている
そんな感覚になることがあります。
その会話の中で疑似科学的なサービス受けたことと
それが全く効果なくお金だけ無駄に費やしてしまった
という経験談を聞くことが割と多いのです。
それは申し訳ないですが自業自得ですし
経験されている方々がよく仰っている
「良い勉強代だね~~」が結論じゃないでしょうか。
なんでそんなモノに金を費やしちゃったのか聞くと
大抵がお店側のマーケティングに乗せられた
そんな感じです。

疑似科学×口車

 だれもが楽な道・画期的なことに
惹かれるものです。魔法があれば頼りたい。
そんな気持ちも痛いほど分かります。
毎日好きなものを好きなだけ食べて
何もせずに筋肉が肥大して
余分な脂肪も一切付かないのならば
是非私どももその恩恵を受けたく思います。
しかしながら残念なことに
探しても探してもそんな方法は無くて
学び・探求するという行動を行った結果
そういう方法が存在しないことを知っています

そんなことは専門の人間か
物好きな人間でないと特定分野の学びなんて
気が進みませんよね。
ということで表面的な知識だけの状態で
疑似科学の話を聞くということになりますので
(疑似)科学っぽい理論的なことや
〇〇大学や〇〇機関での研究で~みたいな
それっぽい言葉を聞くと真に受けてしまう
んです。
ビジネス的にというかマーケティング的には
景表法に触れていなければ
そういった低レベルの研究結果などの
根拠としては信ぴょう性に欠けるモノを用いても
問題無いでしょうし集客的には正解ですね。
倫理的には不正解でしょうけども。

ODA

言い方が悪くなっちゃいますけど
お店側としては信じ込みやすい人や
無知な人ほど良いカモですからね。

疑似科学ってどんなもの?

 このフィットネス・ヘルスケア・美容市場において
疑似科学ってものはかなり多く存在しています。

  • 骨盤矯正
  • 小顔矯正
  • 骨格矯正
  • 筋膜リリース
  • 肩甲骨”はがし”
  • インナーマッスル、アウターマッスル(鍛え方の理論的な部分)
  • EMS
  • デトックス
  • ファスティング(ダイエット的な)
  • 〇〇だけダイエット
  • 飲むだけで〇〇サプリメント
  • レモン水
  • 水素水
  • マイナスイオン

などなどパッと思い浮かぶものだけでも
これだけあります。しっかり考えればまだ出ます。

これら上記のもの見て思いませんか?
流行り廃りのあるものばかりじゃないですか。
目新しいものというかここ十年くらいででてきたやつ。

こんな感じで科学を超越したものから
人間を辞めたもの、理論的に分けわからんものなど
聞くエンターテイメントとしては
非常に滑稽で面白みのあるものばかりです。

刷り込み?思い込み?

 ブルーベリーエキスが目に良い
ってイメージありません?
アノCMの影響で間違いないでしょうけど。
人の目に良い=眼精疲労や視力回復に
効果的という定義で良いと思いますが
その効果を裏付けるエビデンスは無いのです。
他にも乳酸=疲労物質だと思っている方も非常に多いのですよね。
ちょっと確かな年数忘れてしまって申し訳ないのですが
2010~2013年あたりから教科書で
乳酸=疲労物質の様な記載は消えています。
言い換えればそれ以前はその認識で普及しています。
後日乳酸については記述しますが
「乳酸が溜まってきた~」って言って疲労感を表す人が居ますが
それはもう昔の表現です。誤りです。

この例に出した2つを疑似科学的にビジネスに置き換えると
「このブルーベリーエキスを飲めば視力回復!!!」
「これを飲めば乳酸溜まることなく動き続けれる!」
みたいな謳い文句になるのですが
言わずもがなこれやったら景表法違反になります。
でも疑似科学ってのはこういうことです。誤った科学。
ブルーベリーの皆さんご存知のあのCM、
そんな言葉一切使用していませんよね・・・。
公式HPもそういう景表法に触れるワードを
上手く避けていますよ、検索して見てみてね。
これが、いわゆるリスクマネジメント的なやつです。

卒アル亀山

あえて効果を名言せずに
効果があるような回りくどい書き方をして
景表法に触れることを避けているのですね。
これはもう消費者側のリテラシーに
委ねられてしまいますね。

個人の感想・体験談の乱発

 景表法に触れることを避けるため
効果を思い込ませるために乱発している
表現方法が”個人の感想です”という注釈。
これは実際に摂取・使用した人の感想を用いて
効果云々の良さを大々的に表現しています
ね。
要するにそれを摂取・使用すれば
ほぼ確実的に何かしらの効果を得られるような
表記がアウト
ということです。

卒アルODA

これズルいですよね~。
でも消費者庁もこの表現方法については
取り締まりを強化する流れに
なってきているんじゃないんでしたっけ?

KONDO

そうだね。
ただまだ本格的には動いてないし
数が多すぎるんだと思うけどな・・・

それあなたの感想ですよね

 ”個人の感想”というのは要するに
我々トレーナー紹介ページにあるような
お客さんから頂いた素敵なレビューも同じ類
ということになります。
これは我々のパーソナルトレーニングを受けてくださった
お客さんからのレビューを他己紹介的に
掲載させて頂いております。
これが確定的なパーソナルトレーナーの評価という
わけではなくてあくまでもパーソナルトレーニングを
受けてくださったお客さんのの感想の1つ
であり
そもそもパーソナルトレーニングそのものが
目に見えないモノであり対人形式ですので
その良し悪しは図りかねますよね。

ご意見番

じゃあお前らも疑似科学謳って
金を貪る奴らと同じじゃないか!!!

そう言うと思いました。
けど大きく違う点があります

そもそも私ら商品じゃねえし。
てか効果も謳ってねえし。

maison de FLEXER

我々がトレーナー紹介ページでお客さんのレビューの下に
「この様に痩せる方多数」みたいに表記して尚且つ
maison de FLEXER独自のダイエットメソッドで
ダイエット成功率・・・・・・・みたいな表記をしていたり
我々のパーソナルトレーニングを
「確実に筋肉が5kg増えるパーソナルトレーニング」
「必ず10kg痩せるパーソナルトレーニング」
みたいな誇張表現をしていたらアウトなのであります。

一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある行為の制限及び禁止について定めることにより、一般消費者の利益を保護すること(第一条)

景表法にはこの様に表記されています。
トレーナー紹介ページを見ても
「ODA世界観wwきっしょw」
「ビッグフェイス亀山?意味わかんね」
「KONDO褒められすぎじゃね?」
の様に捉え方様々で自主性がそこにあるでしょう。

誇張表現にはご注意を

科学が絶対でないように製品やサービスにも
絶対がないことは理解しておくべきです。

どんなのがアウト?

矯正マン

あの人もこの人もみんな小顔になってますよ~
私もスタッフに週1でやってもらってますが
小顔になってますもん絶対効果あります!

矯正マン2

骨盤矯正を行うことで姿勢も良くなり
ダイエット効果を促します。
骨盤矯正を行った人はほとんどの方が
痩せていってます。

排出マン

これを飲むと胃腸の中がすっきりして

体内の余分なモノや老廃物が流れ出て
ダイエット効果もあります。
実際私もお客さんの多くもこれを飲み始めて
便通が良くなって浮腫みにくくなりましたよ♪

食事無マン

ファスティングをし始めて眠りが深くなりました。
体重も減りましたから良いこと尽くしです。

KONDO

それ低血糖状態でボーっとしちゃってるだけだし
そりゃカロリーも極端にカットされて
筋肉も水分も落ち抜けるし
その他細胞も死滅して体重落ちるの当たり前じゃん・・・

倫理観の問題

 感想として素直にそうやって思う分には
良いんですけど他者に拡散するのは
控えるべきですね。

そういう疑似科学的なサービスを行うお店や
製品を販売するメーカーも結局は
そこに雇用を生み出し経済にも勿論貢献しています。
そういう意味ではそこに居る”人”に対しては
何も言いませんし言うべきではありませんから
何も言いませんが、
そういう疑似科学的で誇張表現を用いて
あたかも根拠があるかのようにして
消費者を安心させて利潤を生みだす
その形は倫理的にどうなんでしょうか
、という点です。

小顔や骨盤などの骨を動かすことができると
自信をもって堂々とやっているのならば
なぜCTやレントゲンで証明しないのでしょうか。


種々雑多なサプリメントたちの効果も
そんな極端に効果を謳っているのならば
しっかりとしたエビデンスを提示すれば
良いだけの話
です。

我々疑似科学嫌いな人間も数多く居ますし
大多数がこういうのには懐疑的な意見を持っていますが
肯定している人たちの明確な根拠が
提示されているためしがありません。

エビデンスってありますか?
あるなら見せてください。
本当に心から見たいと思う,
興味があります。

maison de FLEXER


ということで敵を作りたいわけでも
敵を作っているわけでもありません。
こういうことを言われたとしても
明確な根拠を持ちつつ実施しれいれば
冷静に落ち着いてエビデンスを提示して
これを基にやっていると言うだけの話ですから
不快な気分や敵対心を持つ時点で
お察しですから。
そもそも敵にならないでしょ。


この記事を書いた人