摂取するサプリメントにご注意を。

 KONDOです。

 昨日コンテストに出場して入賞を果たしている
女性が当ジムに来店してくれたんですが 
(過去にも何度も指導している女性)
その方が何やらトレーニング前にゴソゴソと
何かを飲んでいるぞ・・・?
と覗き込んでみるとサプリメントを摂取していました。

比較的有名なサプリメントでしたが
パッケージデザインが変わっていて見てみると
成分内容も変わっていて
その有名なサプリメントの亜種的な感じでした。
しかしながらしっかりと成分表示を見てみると
カフェインが400mg
何やら謎な化合物が3つほど・・・

それ摂取やめなさい。 と言っておきましたが
この様に成分表示にしっかりと目を通す又は
成分表示から正しく情報を読み取れないと
えらい目に合います
・・・

エルゴジェニックエイド

カフェインは運動パフォーマンス(特に持久力)向上をもたらす

Maughan, R. J. et al. IOC consensus statement: Dietary supplements and the high-performance athlete. Int. J. Sport Nutr. Exerc. Metab. 28, 104-125 (2018).

カフェインは上記のとおりスポーツパフォーマンスを向上する
エルゴジェニックエイドの1栄養素
であります。
エルゴジェニックエイドとは
Ergogenic(=心身の機能を高める)aid(=援助する、補助する)

の意味であります。そのまんまです。

カフェイン以外のエルゴジェニックエイドに関しては
ググってもらえればすぐ出てきますが
未だエビデンス強化には更なる研究が必要とされている
的な結論になっていると思ってください。
カフェインとクレアチンは周知のとおり
ほとんどの研究で効果有りとされているので
カフェインとクレアチンには投資して良いと思います。

問題は含有量

運動60分前に体重×3~6mg摂取で持久系パフォーマンス向上の効果
(システマティックレビュー)

Ganio, M. S., Klau, J. F., Casa, D. & Armstrong, L. Effect of Caffeine on Sport-Specific Endurance Performance: A Systematic Review. J. Strength Cond. Res. 23, 315-324 (2009).

上記の通り例えば体重60kgであれば180mg~360mg
が摂取量目安ということになります。
自分の体格やカフェイン耐性を考慮して摂取すればOKですが
さすがに360mgは多すぎると思いますので
200mg前後で良いかと思います。

これをコーヒーで摂取しようとすると
基本的に100mlのコーヒー中に
カフェインは60mg程度なので
300~400mlのコーヒーを60分前に
飲まなければいけないことになります。

知らん人

そんなんお腹タポタポになっちゃうよ!!

ということで当ジムに来た女性が飲まれていた
サプリメントその中でもプレワークアウトと呼ばれる
運動前に摂取するサプリメントに
高確率でカフェインが含まれているのです。

KONDO

僕はカフェイン単体のサプリメントでの
摂取をお薦めするけれどね。
あれもこれも~って飲むと手間だし面倒だから
プレワークアウト選びたくなる気持ち分かりますけども。

前述2つの参考文献は比較的用いられるもので
カフェイン耐性が極端に弱くなければ
なるべく摂取していきたい成分かなと思います。
また後日カフェインについては詳述したいと思います。

そのプレ、大丈夫??

 そしてその女性が持ってきたプレのサプリに
含有されるカフェイン量は前述の通り400mg。
私が推奨する運動前のカフェイン摂取量は200mg前後。
個体によって格差があるので明確な数字は定められていませんが
健康な成人の1日の摂取上限は400mg
・・・1発で摂取上限!!?? ということですね。
上限というか寧ろアウトだと思います。多すぎます。

この様にメーカーごとの研究開発チームが
デザインしているサプリメントですけれども
効きというかそういったものに焦点を置きすぎて
ぎりぎりまで含有量を高めているメーカーも
少なくありませんからね・・・

ドーピングアウトな成分を含んでいるものや
欧州では危険物質として認定しているものでも
国が違えば普通に含有していることもあります

全くよく分からない謎の化合物が
プレには比較的多く含有されていますので要注意


「パンプ感」が増すからとて
体内に入れるものですからもう少し
頭使って検討すべきだと個人的には思います。
某コンテスト団体の様な
がっつりアンチドーピングを実行している団体に
所属していないからといっても健康被害が激しいです。

成分表示をちゃんと見よう

 非常にこれは重要な点です。
成分表示をしっかりと見る癖をつけましょう。
海外サプリメントならNutrition Factsや
Supplement Factsと記載がある部分です。

私が個人的にそれがあったら避けるプレは
それぞれの栄養素量が明記されていない場合、です。
見たことありませんか??
「~matrix」「~complex」「~boost」みたいに
変なまとめたオリジナルの総称つけちゃって
その枠だけ複数栄養素がバー――――って複数。
そしてまとめて量を記述している的な。
どの栄養素がどれだけ入っているか不明ってことです。
そんなん口にしたくないじゃないですか・・・

この記事を見たトレーニーにも
プレを飲む際はその点も加味して購入して頂きたいですね。

オタク亀山

でも我々飲まないじゃないですか。

ODA

だね。

KONDO

カフェインやクレアチンは良いにしても
他あんま摂らないしね。
結局行きつく先はシンプルですよ。。。

この記事を書いた人