最強のサプリメント クレアチン 解説②

KONDOです。

なんかパーソナルジムのトレーナーが足りないからと
24hで知り合ったトレーニーなんかに
連絡してバイトでトレーナーやらない?って
声かけてる人が居るみたいですわ。
「相手(客)も初心者だから大丈夫」みたいな感じで
指導歴無くても初心者相手だし
バレないバレないって募集しているところが
なんとこの三河の地域にあるみたいなんですわ~。
クソですね。

「プロ」って自称しているのが笑えます。
プロとは・・・

HPには良い事ばっか書いてて
中身はど素人集団ってパターンめちゃくちゃ多くて笑います。
パーソナルトレーニングをすることが好きじゃなく
パーソナルトレーニングをして金を稼ぐことが好き
になっちゃった残念な人ですね。

さて今回はクレアチン解説の続きです。

効率的な摂取方法

知っている人も多いかと思いますが
クレアチンは糖質と一緒に摂ると良いと言われています。

その機序として
クレアチンが血中から筋肉に取り込まれる際に
クレアチン輸送体によって運ばれます

このクレアチン輸送体はインスリンにより活発になり
それによってクレアチンの取り込みが良くなるとされています。

糖質と一緒に摂るからクレアチンの吸収効率が高まる
ってわけじゃなくインスリンの作用です。

つまりインスリン感受性が高くなければいけません
サプリメントに詳しい人なら
むかーーーしmuscletech社の製品にcreacoreって
製品があったこと記憶にありませんか??
それの成分表示、クレアチン以外に
何か含有されていましたが覚えていますか???

そう時折、サプリメントの中には
クレアチン以外の成分にインスリン感受性を高める
物質が入っていることがあります。

摂取タイミング

インスリン感受性が高まるときってどんな時!?
当ジムのブログを見ている人なら
即答できなければいけません。

そうですね、トレーニング直後です。
トレーニング直後に
プロテイン+糖質+クレアチン5g
これでOKなのです。

まとめ

1日5gをトレーニング直後に
糖質とともにクレアチンを摂取してあげましょう。

加えてお薦めのサプリメントは
αリポ酸です。

この記事を書いた人

KONDO

プロフィール不詳。