最強のサプリメント クレアチン 解説①

KONDOです。

・・・またマシン購入してしまいました。
「もう病気ですね」って真顔で言われました。
これで19台となります。
最早パーソナルジムのレベルではありませんね笑
トレーナーと環境、三河最強の自負があります。←

特に背中のマシンはパーソナルジムでも
めちゃくちゃ重宝します。
有名なボディビルダーのあの方も
「背中はマシンありき」って言うくらいです。
実際私もそう思います。
ベンローとかいい種目ですが無駄に疲れるし。笑


さて、今日はクレアチンについてです。
シリーズ化して詳細的に解説していきます。

クレアチンについて

↑過去記事です。

クレアチンを摂ることによるメリットは

  • パフォーマンス向上
  • 体重/筋肉量の増加

が挙げられています。
国際スポーツ栄養学会(ISSN)では
クレアチンはエルゴジェニックエイドとして
結論付けております

エルゴジェニックエイドというのは
それを摂る事で能力の向上が期待できるものです。

要するに効果お墨付きのサプリメントとなります。

ローディング必要なのか?

ぼっつぁん

クレアチンってよくローディングが必要って
言われていますが実際どうなんですか?

一般的にクレアチンローディングとなると
20gのクレアチンを6日間摂取することによって
クレアチン濃度を最大にしてそれ以降は
1日で2gのクレアチンを摂取することで
維持することができるというものですが
1日3gのクレアチン摂取を28日間で
クレアチンローディングと同等の濃度レベルに

なると示唆しております。

ということでローディングは必要ないと思います。

クレアチンモノハイドレート

クレアチン〇〇みたいなのが
成分表示を見ると書かれていることがあります。

クレアチンに関する研究のほとんど全てが
クレアチンモノハイドレートによるものです。
効果のお墨付きをもらっているのは
要するにクレアチンモノハイドレートということです。
↑に関してもコチラの文献にて。

メーカーも誇張した表現などを使って
謳い方をあれやこれやと変えております。
1つ分かりやすい指標として
creapure“という表記を見つけることです。
creapure表記のあるクレアチンを摂ることを
お薦めしますよ!!!

次回はクレアチン摂取のタイミングと効率の上げ方
について記述します。お楽しみに。

この記事を書いた人

KONDO

プロフィール不詳。