闇を抱えるパーソナルジム業界の実情

 KONDOです。
この記事では現在のパーソナルジムが抱える闇
暴露していきます。是非知ってもらいたいです。
めちゃくちゃ長いです
ただ今後パーソナルジムに行くことを検討している方や
パーソナルトレーナーを志している方、トレーニーには
かなり有益な情報
かと思います。

先に全体での結論を述べておきます。
あなたが求めた需要に応えてくれて
満足できた(る)ならそれは”あなたにとって”は
素晴らしいパーソナルジムであり
素晴らしいパーソナルトレーナー
です。

ただ単純に何の私怨も無く真っ白な心で
多角的な目線で見た私個人の意見を述べます


他の同業者を蹴落とすつもりも毛頭ありませんし
敵対する気も全くありません。
敵にもなりません。
メジャーリーガーと少年野球を比べますか? \(^o^)/
・・・ここ豊橋市のみならず全国的にこの業界が
無法地帯でやりたい放題で悲惨な現状です。

 このパーソナルジム業界というか
フィットネス業界が盛り上がることは
非常に良いことだと思いますがその反面で
パーソナルジムというモノが一括りで
「クソなモノ」と思われてしまう危機感を
覚えています。

あくまで個人的な意見です。
私がこの8年というキャリアの中で
最近思うことを徒然に書いていきます。

素人パーソナルトレーナーの蔓延

 これは日頃トレーニングしている人なら
ずっと昔から認識している事実
じゃないでしょうか。
なぜ認識しているかといえば
日頃からトレーニングをしていれば
そのパーソナルジムがブログなどで書いていることや
インスタグラム等で載せている動画や画像などで
どのくらいのレベルなのかは容易に図れます。
もしパーソナルジムに行こうと考えた際は
あなたの身の回りで最も筋肉量の多い男性か
日頃からフィットネスに興じている方に
調べてもらうと良いですよ
。色々分かると思います。
居ない場合は最低でもNSCA, NESTA, NSAM, JATI
などパーソナルトレーナーの民間資格の中でも
比較的著名で一般的な物を保有しているかどうか
確認すると良い
です。
実際資格の有無でパーソナルトレーナーの良し悪しは
図れません
がそれを持っているかどうかという
判断でも割と取捨選択できると思います。

そして豊橋の様な田舎ですと特に目立つのが
その辺の月会費制の
ジムやフィットネスクラブに居た人が急に
パーソナルトレーナーを名乗って

活動し始める事が大半
顔が割れているわけですよ。
その人のレベル自体も。秒で情報が回ってきます。

要するにパーソナルトレーナーになるまでの
一連の流れが出来上がっていて以下の通りです。

①日頃からトレーニングをする
②好きになり仕事にしたくなる
③どこかしらのパーソナルジムに所属する
④ロクな研修・学びも無しにすぐデビュー
⑤“経験豊富““プロ“と自称し掲載する

こんな感じです。もうテンプレートです。
①と②は普通ですし良いですよね。
④以降がまずい傾向だと思いませんか。
豊橋市のパーソナルジムも例外ではなく
こんなんばっかです。全国的に。
「お前つい最近までどっかの会社員だったやん・・」
みたいな。
私は豊橋市でのキャリアは今年で4年目(計8年目)ですが
かれこれそういうのが市内に計7名くらい居ますね。

正直言うと
雇う側であるパーソナルジム自体が諸悪の根源
なんですけどもね。
ちゃんと研修してあげて雇い始めてから
半年~1年は研修なり資格取得させるために
勉強を教えたりしてじっくり育てれば良いだけ
なのですが
それを人件費の観点から
早早早熟の段階でデビューさせちゃっている
のが
豊橋市でも確認でき全国的な事実だと思います。
筋トレ好きがYouTubeとかで得た浅い知識を
そのまま実践してそれをジムで出会った人や友人に
教えているその延長線上だと考えられてしまっている
それが個人的に非常に不愉快
です。

なぜこんな事が起きるのかと言えば簡単で
国家資格が存在していないからです。
誰でもいつでもパーソナルトレーナーと名乗って
活動すること自体別に何も違法でもない
というわけで参入障壁が非常に低い
のです。
だからこそ雇う側がしっかり育てなければ
量産型の”擬き”が蔓延るだけなのです。

仮に当ジムの会員さんが急に
「このジムでパーソナルトレーニング受けて
筋肉が成長して楽しかったので
自分もパーソナルジム開業することにしました!」
と言い出しても「あ、そうなん・・?」としか
言いようがないわけです。

でもなぜ結果が出ている?

 素人パーソナルトレーナーが蔓延しているという
事実は周知の通りですのでこれ以上は
何も言うことはありませんが見出しの通り

Aさん

素人パーソナルトレーナーが蔓延している
ということは分かりましたけど
パーソナルジム行って結果が出ている様な
写真や投稿、クチコミを見るのですが
何でですか??

ふむ、そういう風に思って当然ですね。
でも答えは簡単で

ODA

ダイエットなんて食事をある程度
整えてしまえば必ず結果出ますからね〜
しかもダイエットのやり方なんて健常者において
知識というより常識の範疇で
指導できちゃいます
からね。

ODAの言う通りで
これは知識と経験を元にせずとも
簡単にダイエットの効果なんて出せるのです。

そして世間一般の“結果“というのは
“数字“の世界でありますから
体重という数字を落としてしまえば
結果が出たということ
ですよね。
実際は見た目の変化で判断すべきなのですが
やはり日本はまだまだ体重信仰です。

 前述の通りダイエットは
常識の範疇で指導できるんですが
中にはその体重という数字のみに焦点を置き
糖質制限やクラッシュダイエット等
無理な食事制限で指導するパーソナルジムも
乱立しているのは言わずもがな。

つまり一時的な“痩せ“は
別にパーソナルジムに行かなくても
完遂できてしまうので
素人だろうがプロだろうが誰でもできます。

怪我人を頻発するパーソナルジム

 怪我人をよく出しているパーソナルジムがあります
私はこれが1番許せません。
ですが残念なことに存在してしまっています。
私怨も何もありませんが
業界的にこういうのが最も悪影響で
業界全体でこういうのを強く取り締まらないと
今後もこういうのが増殖してしまうという
危機感を持っています


 前述の通り素人が蔓延っていますけども
どの業界でも誰もが始めは素人です。
問題はまともな研修も為されずまともな知識も
付かないまま時間が経過していっただけで
素人同然の状態のまま指導してしまっている事

するとどうなるでしょうか?
ダイエットという数字を追い求めるだけのことを
結果が出たと呼ぶのであれば
それは素人でも出来ることなのですが
最悪の場合怪我をさせてしまうリスクが上昇します
そしてその最悪の事態がよく起きているのです。

 実際当ジムの会員さんの中に
某豊橋市内パーソナルジムで
膝を怪我して今も痛みを抱えている会員さんが2名、
腰痛を発症した会員さんが3名いらっしゃいます。
どの方も同じパーソナルジムに通っていました

某豊川市内パーソナルジムにて怪我をして
当ジム会員さんの接骨院へ通われた方が3名,
又、某県外パーソナルジムの指導で
スクワットやデッドリフトにおける
フォーム指導で腰に負荷が乗ってしまう指導を
受けてそれが正解だと思い込んでいた方が4名居ます。
そして某市内パーソナルジムにて救急車がパーソナルジムに到着して
救急隊が入っていったという目撃情報も有ります。
何があったかは不明ですが
私のキャリアで救急車を呼ぶ事態など聞いたことありません。

無論、どんなに正しく指導しても怪我はするときはします
それを最低限のリスクで指導しなければならない訳で
頻発することはありえませんし聞いたことありません。

当ジムパーソナルトレーナーの亀山の友人が
興味本位で色々なジムやパーソナルジムを
県外や市内たくさん巡っているのですが
某豊橋市内パーソナルジムのパーソナルトレーナーは
インピンジメントすら知らない程度だったそうで・・・
笑えませんよ、コレは。それでやってるんですからね。
素人パーソナルトレーナーだとインピンジメントある人に対して
さまざまなアドバイスや筋へのアプローチができない
のですよ。
そして知識もないまま半端なことをするから
怪我につながったりする訳です。

パーソナルジムはどこも初心者が会員の大多数を占めます。
そしてパーソナルトレーナーとして活動していれば
その初心者の方々の身体は様々な問題を抱えていることを
知っているはずです。だから常に学び研鑽が必要なのです。
となると素人パーソナルトレーナーに身体を預けると
非常に危ないということが察知できると思います

が、いかがですかね。

怪我人なんて滅多にというかほとんどありえないです。

実際にあった信じられない話

 一度私はあまりにも酷い現状だったので
某豊橋市内パーソナルジムの者に
直接注意したことが5回ほどあります

注意するたびに反省の色は伺えたのですが
怪我人が後を断たず諦めてしまいました。
現状その会員さんは快方に向かっておりますが
怒りは未だ持ったままです。

某パーソナルトレーナー

自分なりには勉強しているけれど
そこまで高いレベルまでできない。

KONDO

・・・。
休み時間や休みの日に学ぶこととかしたり
資格を取るようなことしたら・・?

某パーソナルトレーナー

・・・。
そこまで時間が取れない・・

これは本当にあった会話です。
ノンフィクションです。

私やODA,KAMEYAMAは趣味の様なもので
時間さえあれば何かしら調べたり見ていますから
それを勉強と思わないのですが
どうやら彼は違った様です。

要するにこのパーソナルジムだけじゃなく
筋トレが好きなだけ
なパーソナルトレーナーが多い
です。これが結論です。
無知識でも恥じらうことなく
型にはめ込んだ指導をしている有り様です。

オタク亀山

怒り通り越して呆れますね。
当ジムに来てくれる市内の
数多くのトレーニーが色々情報をくれて
そのパーソナルジムだけじゃなく業界自体
酷い現状を認知することができていますね。

フィットネスクラブスタッフ

 よく勘違いされがちなんですが
フィットネスクラブやジムで
マシンの使い方や簡単なトレーニングの仕方を
教えている人をパーソナルトレーナーとは呼びません

自称するのは自由ですが基本的にスタッフです。
マンツーマン指導でそのお客さんの要望に応じて
そのお客さんのためだけのメニューや強度など
設定して提供するのがパーソナルトレーナーで
それは短期的ではなく長期的な物です。

又、その社内基準に準じて
パーソナルトレーナーと呼称して指導する
サービスを提供しているところもありますが
やはり比較すると
指導件数の少なさや主な仕事内容的に
パーソナルジムとは
知識と技術に圧倒的な差が出ます。

※基本的にパーソナルジム業界は
一般的なジムやフィットネスクラブで
社内基準に準じて指導している方を

パーソナルトレーナーでなくスタッフと認識しています。

 このフィットネスクラブ・ジムスタッフで
ちょこっとお客さんや友達に教えた程度を
キャリア・経験とし
パーソナルジムを開業する者も居ます。
全員が全員ダメだとは言いませんけども
こんな感じで軽いノリでパーソナルジムが
開業されているから乱立している
のです。
開業すると色々やることがありますし
精神的疲労や肉体的疲労も相まって
確かに学ぶ時間や気力は失われますから
スタートの段階で知識をかなり保有していないと
結構厳しいのでは?と個人的に思います。

だからこの豊橋市でもパーソナルジムが
ここ3年くらいで激増しているわけです。
合点がいきましたか?

アルバイトにはご注意を

 全てはそのパーソナルトレーナーと自称している
その人自身が悪いのではなくて
まともな研修・学びもせず僅か数ヶ月で指導デビューさせる
パーソナルジムまたは開業してしまう者がほとんどであるというのが
とてつもなく許しがたい悪
ということが伝わったと
思います。

 正直なところ
アルバイトで雇用しているパーソナルジムは
地雷でしかない
と思います。急に飛ぶかもしれませんよ。
勤務している曜日や時間で大体雇用形態が
わかるはずなので聞くといいですよ。またはストレートに。

 あとあまりこの豊橋市内では居ないと思いますが
フリーランスのパーソナルトレーナーも
実際はそれだけだと食っていけないこと確実なので
副業でやっている可能性大でハンパもんです。
それは日頃から指導にあたり学んでいれば
誰でも分かる事実で本業の我々ですら
追いつけないほど日々情報はアップデートされ
欠いている知識もたくさんありますから
副業でやっているなら尚更無理
があります。

 そしてアルバイトの雇用であるならば
それはキャリアの無い素人で研修の最中で
あるはずなので指導に当たっていないはずです。
もし当たっているならそのお客さんは
練習台として指導されています。
この練習台として知り合いでもなく友人でもない
一般のお客さんを使うことにも誠に遺憾
であります。

お金の使い方は自由ですけど
そんな感じなのに高い金払うのは私は嫌ですね。

客目線での本物の見分け方

 無いですね。
正直判断つかないと思います。
嘘は誰でもつけますし嘘や話の筋道を
構築するのが上手いペテン師であれば
素人であることを隠し通せますし
客も素人であればいとも簡単に騙せます。
ゆえに真贋は不可能だと思った方が賢明です。
唯一の方法がどのパーソナルジムにも
体験コースというのが存在するかと思うので
比較することが大切かなと思います。
比較することで「分かりやすさ」という
指導者に大切な要素を体感することが出来ます

こんなにつらつらと語っていますけど
当ジムと他ジムを比較して他ジムが選ばれても
それはお客さんの判断ですので何も不服は出ません。

知らん人

複数のパーソナルジムを比較するの
めんどくさいですよ〜それ。
一刻も早くダイエットや筋肉つけたいって
思っちゃってますもん・・。

ODA

久しぶりに運動するという方の場合は
体験コースの様なトレーニングのさわり程度の
軽い運動でも良い運動量になると思うので
その間は別に無駄にならず寧ろプラスに働くので
複数のパーソナルジムを体験して比較することは
かなり重要なことだと思います。

とは言っても
経済的な面や家からの距離だとか
色々判断材料がありますもんね。

でもそういった素人が沢山蔓延っているという事実は
認識しておいた方が良いと思います。
お金を払うのはあなたですから自由ですし
誰も止められませんから。
良いと思ったらそこのパーソナルジムを信じれば良い
ただそれだけです。

まとめ

  • 全てのパーソナルジムが正しい指導
    を行えるとは限らないし寧ろ少ない
  • 正しい知識を持ち正しく指導できる
    パーソナルトレーナーは非常に少ない
  • 健常者のダイエットは特別な知識が
    必要では無く素人でも指導できる領域
  • 豊橋市内には素人同然の
    パーソナルトレーナーが多数居る
  • 全国的にパーソナルジムでのトラブルが多発中
  • 豊橋市内のパーソナルジムの中には
    怪我人をよく出しているところがある
  • 資格の絶対的な必要性はありませんが
    NSCA,NESTA,NASMなどの
    パーソナルトレーナーの主要な資格を
    保有・掲示しているところを最低限選ぶと
    ある程度のリスク回避になる・・かも?
  • 体験コースで比較するべき

エピローグ

 とにかく知ってもらいたいのは
怪我人をよく出すパーソナルジムが身近にあるということ。
そしてこれは特定のパーソナルジムだけでなく
全国的に知識も何もないパーソナルトレーナーが
蔓延りパーソナルジム業界全体を劣化させています

いい加減こういう事態を止めなければなりません。
まずは知ってもらうこと、これが大切だと思います。
自分らを棚に上げて物申している訳ではなく
自戒を込めて長々と業界の実情を書かせてもらいました。
「豊橋ってそんなひどいの??」って
感じてしまうかもしれませんが多分どこの地域もです。
残念なことに事実です。

 パーソナルトレーナーを8年間やってきても
分からないことが多いです。
そしてとても難しい職業だと当ジムパーソナルトレーナー全員が
毎日感じていることです。
一応接客業でもありますから知識や技術が良くても
接客が雑になってしまうことがちょくちょくあり
反省するときももちろんあります。

本物志向。
パーソナルトレーナー・パーソナルジム全体が
質の追求をしていってみんなで上がっていけば
相乗的にとても業界が良くなると思います。
いつかそういうパーソナルジムが根絶されることを
願っています。

お金の使い方は自由ですが
身体を大切に。
あなたが求めた需要に応えてくれる
そんなパーソナルジムと出会ってください。
怪我だけは気を付けて。

maison de FLEXER











 



この記事を書いた人