下半身太り②

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
過去に下半身太りについて
記事にしましたが(※1)、その第2弾といきます。

今回は出産後の下半身太りについて
ピンポイントで記事にしていきます。
なぜならお客様から、
出産後から骨盤が歪んで下半身太りするようになった」と
言われたことが原因です。

骨盤が歪む・・・?

骨盤とは大まかに寛骨(腸骨、坐骨、恥骨)、仙骨、尾骨
からなるものを総称して骨盤と言います。

つまりは、骨です

歪むという言葉の意味は
物の形がねじれたり、たわんだりして正しくなくなる。
(参照:webilo辞書

つまり骨がねじれたり、たわんだりして正しくない状態を
骨盤が歪んいるという言葉の意味
になります。
なんとも物騒な言葉ですね。
ただ、その状態の名前を皆さんは
もっと分かりやすくご存知のはずです。

そう、”骨折”です

普通に考えて骨が歪むなどあり得ないことです。
1tぐらいの衝撃があればいけるかもしれません。
垂直でいくなら理論上500㎏ぐらいまで耐えれるので。

話を戻して、”出産後の骨盤が歪む”について

妊娠後”リラキシン”というホルモンがでます。
このホルモンは筋や靱帯を緩めて、
産道、胎児のスペース確保のために、
骨盤周りをを緩めるホルモンです。
産後1~2ヵ月ほどは分泌が続くため
緩んだ状態が続き、
それ以降、靱帯などが固まりだします。
つまり、妊娠~産後数か月は
元々とは違う位置にあるのが”普通”です

そのあと元に戻っていくわけです。
もちろんのこと、帝王切開などの、
筋自体に損傷が入ったりする場合は
別として考えてください。

筋や靱帯の固さが戻ったとしても
戻らないものがあります

それは”筋肉”です。
産後は確実に姿勢が変わっているはずです。
羊水など含め約5㎏分、重心が前になるため、
そのバランスを取るため姿勢を変えます。
姿勢が変われば、筋肉が衰えるところもあれば
過剰に収縮がかかるところもあるわけです。

産前と産後に大きく変わる部分が
筋肉の状態にもなるわけです。
前記事にも書きましたが、
筋肉を産前まで戻してみてください。
たぶん、戻りますという話です。

骨盤矯正とは骨盤を矯正しているのではなく、
骨盤周辺の筋肉をほぐしているだけです

ただの、マッサージです
値段が高く設定されている場合が多いですが、
ただの、マッサージです。
カイロプラクティック的に言うなら
「腰椎アジャストメント」。
ただ、マッサージということを専門的に
知識がある方々にやってもらえる。
名前は別として、そして、骨盤の位置が変わらずとも
一時的には身体が楽になるのは事実です


いや、それでも骨盤も歪むよ!という方がいましたら
どの骨の部分がどのように歪むのかご教授願います。
参考文献なども添えて頂けると幸いです。
私は未だ見つけることが出来ていません。
仙腸関節の2~3mmのことを言うわけないですよね。

この記事を書いた人

BIG FACE KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。