フィジークのサイドポーズ

こんにちはTOMOAKIです。
今日はフィジークポーズの中でも
難しいサイドポーズについて
海外の選手の写真を参考に紹介していきます。
※あくまで私個人の考察です

画像は下記のページから拝借しております。

16 Mens Physique

見栄えの悪いポーズ例

上の写真の選手を左から
①~⑥番とすると、
特に見栄えの悪いポーズのとり方は
中央左の③番、中央右の④番、
右から二番目の⑤番のポージングかなと思います。

理由は③番は上半身がやや後ろに、
奥の方が下がっており、

④番は上半身がだいぶ前に倒れ掛かっており
傾いた不安定さがあるからです。

また⑤番のポージングは奥の方が下がっているのと
軸足の曲げ具合で重心が下半身側に少し分散しているからです。

これらのエラーはクライアントさんや大会でもよく見かけます。
自分も最初の方のポーズは見返してみると
④番のような感じでなんか変なポーズでした。

見栄えの良いポーズ例

次に見栄えの良いポーズだと思うポーズを紹介していきます。

②番の選手は筋肉の発達やバランスが一番好きで、
胸椎の回旋具合も相まって一番きれいに
逆三角形のアウトラインが出ていて良いなと思います。
奥の肩が僅かに上がってるのと、
流している腕の前腕の回内が少し強いのが気になりました。

⑥番のポージングは左右差がほとんどなく、
長身ですらっとしていてとてもカッコ良いなと思います。
膝が少し反っており上半身と下半身の軸が
若干ズレているのが少し気になります。

①番の選手のポージングは前後左右軸のズレがなく、
非常に綺麗な安定感のあるポーズだなと思います。

最後に

色々思った事を書きましたが
サイドポーズは本当に難しいです。
特に片側の回旋は左右で柔軟性が違ったりして
やりずらかったりするので
とりたい理想のポーズがあっても
中々取れないものです。

JBBFやマッスルゲートのメンズフィジークでは
規定ポーズにサイドポーズがあるのが
特徴の一つでもあるので
しっかり練習して挑みたいものです。


過去記事:JBBFフィジークポージング悪い例

この記事を書いた人

TOMOAKI

2021年度JBBFジャパンオープンクラシックフィジーク168cm以下級準優勝など数多くのコンテストで優れた成績を残し続けており、2022年度から正式にmaison de FLEXER所属のパーソナルトレーナーとして指導中。KONDOやKAMEYAMAより常日頃から様々な知識を供給されそれを活かしてオンラインコーチングで月当たり約30名を指導している。