初めは小さなことから、そこから大きなことに変わっていく

みなさまこんにちは。パーソナルトレーナーの亀山です。
今回はアニメから離れて「VOCALOID」というものについて
記事にしようと思います。
これを聞くと何か分からない人もいるかもしれませんが、
初音ミクや鏡音リン、レンなどです。

VOCALOIDとは

「vocal」と「-oid(〜のようなもの)」を組み合わせた名前で、
ボーカルのようなものを意味する。
「vocal」と「android」を組み合わせて「ボーカロイド」でもある。
初期設定は「ボーカルのようなもの」の方。
有名な初音ミク、鏡音リン、レン、巡音ルカを初めてとして、
骸音シーエなどの二次創作キャラクターと数は優に50を超えます。
二次創作でもクリプトンから公認を受けることもあります。

一番有名な初音ミクはVOCALOIDの第2次ブーム。

なぜここまで広がった?

元々はニコニコ動画から広がって行きました。
一般個人がP(プロデューサー)となり、
動画を投稿しているところから始まりました。
CDが購入されて音楽が評価されていた時代のため、
動画を投稿して、無料で視聴し(会費は別)、
評価をもらうという新たな方法
でした。
視聴者が動画タグに「もっと評価されるべき」などの
タグをつけたりして、認知してもらっていくなど当時はかなり斬新な形でした。
また2010年前後はニコニコ動画全盛期とも言うべき時代で
ユーザーが多かったのも一因になります。
You〇ubeは息をしていなかったです。
コミケなどの同人イベントのCD販売、超会議などの
イベントで知名度が広がり、メジャーデビューをしていく歌い手たちも増えていき、
今では普通にメジャー活動している人がいます。
米津玄師(ハチ)や、Reol(れをる)などである。
一度、Google ChromeやトヨタなどのCMにも起用されたりと
耳にする機会もどんどん増えてきました。
ニコニコ動画ではMMD杯(MikuMikuDance)という
フリーソフトを使ったお祭りもあり、歌ってみただけでなく、
動画としても認知が広がっていったのも一因です。

ボカロおすすめ曲

かつてアニオタでもあり、ニコ厨でもあった亀山が
おすすめ曲を3つほどご紹介します。
千本桜やアスノヨゾラ哨戒班などは
おすすめせずとも知っている人が多いので、
一般的に有名なのは避けます。

calc./ジミーサムP
原曲もいいが、Sky Tale-ES合唱verが1番おすすめです。
(合唱は複数人の歌い手たちの歌を合わせて作成されたものである)

ワンダーランドと羊の歌/ハチP
米津玄師の曲です。一番最初にハチを好きに
なった曲でもあるため、主観が入りまくりです。

_theBlue/フカクボリョウP
読みは「アンダーザブルー」。
柿チョコの歌ってみたがカッコ良すぎる曲です。すごくいい。

まとめ

おすすめ曲に関しては自分が一番ニコニコ動画を
見ていた時代の曲のため少し古いですが、とてもいい曲です。
ボカロは僕の時代は多少偏見の目で見られることもありましたが、
現在では10代の4割はボカロを好きという時代になりました。
とてもいい曲が多くいろいろ聞いてみてください。

この記事を書いた人

BIG FACE KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。