大人になると感情を抑えることが多いが、それでも流したい涙がある

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
突然ですが最後に涙を流したのはいつですか?
涙が流れるのは感動したとき、嬉しすぎるとき、
人との別れ、さまざまな理由があります。
嬉しいときや哀しいとき、ムカついたときなど
感極まる時に涙は流れますね。
体感したことがあるかもしれませんが、
泣くことには心理的にとてもメリットがあります。
体内のストレス成分の低下、
副交感神経優位になりリラックスなど。
心理カウンセリングの面で見れば、
自分への理解を深めることや自身の感情の解放など
さまざまなメリットがあります。
ただ無理に泣けというわけではありません。
自分の感情に素直になり、泣けると思ったら泣けばいいのです。
ではいきましょうか。みなさまお待ちかね。
亀山おすすめ泣けるアニメ5選

CLANNAD~AFTER STORY~

人生で最も泣いたアニメです。
おすすめアニメ5選で軽く内容については
ご紹介したため、亀山が泣いたシーンをご紹介します。
第16話「白い闇」
ヒロイン出産シーンがあるのですが
そのあとの展開から涙で画面が見えないです。
第18話「大地の果て」
主人公とその娘との旅行の話。
父親の覚悟もそうですが、BGMが破壊力抜群です。
第19話「家路」
父親との和解シーンがあります。
こちらもBGMにもっていかれます。
目からハイドロポンプ
これでも抜粋しています。
泣けるシーンが多すぎて書ききれないため、
一度アニメ見てみてください。
前回書き忘れましたが、テーマは「絆」です。
CLANNADは人生です。

あの日見た花の名前は僕たちはまだ知らない

略称は「あの花」。
主人公はかつて亡くなった幼馴染の幽霊が現れた。
幼馴染のお願いで、昔の仲良かった仲間で集まるようになり、
それぞれの思いが交差し、葛藤する話です。
作中、女装する変態も現れます。
キッズウォー3の主題歌ZONE「secret base~君がくれたもの~」を
同作声優陣がカバー。
「secret base 10years after」は、作中の感動シーンで
流れるのですが、涙が止められないです。目からハイドロカノン
アニメと劇場版があるのですが、どちらでも泣きました。
ヒロインから仲間への手紙を渡すシーンや、
最後の「見つかっちゃった」は、名シーンです。

Little Busters!

keyの名作。ゲーム、アニメとどちらもある作品である。
テーマは「友情」。
CLANNADも含め、keyはゲームブランドのため、
基本的にはゲームがある。
元はギャルゲーのため、ヒロインごとのルート(√)があり、
アニメでは共通シナリオをベースにし、
個別√と最終シナリオをアニメ化している。
OVAも含めればほとんどアニメ化しています。
泣きゲーの金字塔keyが作るだけあって、涙が止まりません。
こちらもBGMでだいぶ泣ける演出をしてきます。
最終シナリオの野球のシーンは感動です。
いつも冷静な兄貴ポジションのわがままや涙、
おバカキャラの真面目なシーンなど感動します。
アニメ化の際、Kanon、AIR、CLANNADとkey作品は
京都アニメーションが担当していたため、
作画は原作に近く絵で拒否感が出る人もいたが、
J.C.STAFFに変わり作画が多少違うため、
見やすくはなっている。

四月は君の嘘

この5選の中では一番、有名かと思います。
漫画、アニメ、小説、実写映画、
舞台、ミュージカルと様々な展開があるため
アニメを見ない人でも知っているかと思います。
ヴァイオリニストとピアニストの話。
母親の死後、ピアノから遠ざかっていた主人公に
ピアノを弾かせたりとヒロインに振り回されつつも
徐々に弾くようになっていきます。
最後の大きな舞台での発表シーンと
その後の手紙のシーンは泣きます。
ハンカチではなくバスタオルを準備してください。
ハンカチではびしょびしょで足りない。
作画も音楽もとても綺麗で見やすいです。
さすがのノイタミナ枠という完成度です。
OPの光るなら/Goose houseもとてもいい曲です。

とらドラ!

主人公とヒロイン、そしてヒロインの友人と3人の
恋愛模様を描いた作品である。
主人公の友人を最初は好きだったヒロイン。
ヒロインの友人を好きだった主人公。
いろいろな思いが交錯しながら進んでいく
ストーリーは2クール25話ありますが、
あっという間に見終わってしまいます。
ヒロインの喧嘩や、クリスマス会、
家出シーンなど未だに名シーンと
呼ばれるレベルがたくさんあります。
ヒロインの声優はかつて”釘宮病”という
大病を発症させ続けた釘宮理恵が担当。
かの声優は”ツンデレ”において
至上の存在として崇め奉られてました。
男だけではなく、女性も、
国境を越えて台湾でもパンデミックを
起こしたとされます。くぎゅうう。

まとめ

アニメには感動する作品が多々あります。
ちょっと涙を流したいそんな時。
いつもは映画やドラマを見てしまう方でも、
少し趣向を変えてアニメを見てみてはいかがでしょうか?
日本が海外に誇るアニメ文化を少し触れみてください。
泥沼の如く抜け出せなくなります。

この記事を書いた人

BIG FACE KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。