お客さんの努力あってこその数字的な結果

 KONDOです。
たまにはお客さんをどんな風に指導して
どんな結果になったかを掲載したいと思います。

20代女性 会社員(夜勤有)

 まず突然私に

クライアント

食事指導をお願いしたいです!!!

という一報が入りましてスタートしました。

KONDO

目標を設定しましょう。

クライアント

48kgになりたいです。
できるだけ早く!!
ジムにはとりあえず通わずに
食事指導だけでお願いします。

KONDO

なるほど。
今は何キロですか?
連絡する前に独力でダイエットしていましたか

クライアント

56kgです。
2か月くらいダイエットやってみて
1kgは落ちたんですがずっと停滞しています。

KONDO

どんなダイエット法ですか?

クライアント

糖質をあまり食べないようにして
量もそこまで摂らないようにしています。

KONDO

あ・・・。(察し)
分かりました。
もしかしたら代謝機能がバグっている
可能性否めないので2週間ほど様子見します。

この簡単なやりとりの中で
食事内容と摂取カロリー量、
このクライアントさんの状況を判断して
最適解をはじき出すと私の経験上
まず間違いなくダイエットするコンディションではない
身体になってしまっている
と結論付けました。
詳しくはコチラ

そして2週間食事内容と数値的な推移を
分析して案の定予想通りでした。

説明&説明&説明

 今このクライアントさんが陥っている状況と
何故こうなったのかとどうしたら脱することができるかと
今後このようにならないためにはなどを理論的に
説明・指導
させて頂きまして
ジムに通いトレーニングをしながら食事を適切にして
コンディションを整わせていく方向にシフトしました。

クライアント

停滞していた体重が落ち始めました!!

幸運にも独力のダイエット期間が短かったことと
極端なダイエット過ぎなかったことが功を奏して
体内の機能も割とすぐに正常化することができました。

KONDO

しっかり食べながら代謝を正常に保ちながら
月に体重の2~3%ずつ減量していくよ。

きっともっと短期的に大きく落としたいという
気持ちがあるのは分かるのですが
リバウンドの確率や健康的にアンヘルシーであることを
しっかりと伝えていたのでこの減量幅には
懐疑的になることなく過ごしてもらえました。

外食に行きたいんですけど・・・

クライアント

週に1回くらい外食に行きたいです!

KONDO

全然問題ないよ。

ただ揚げ物やジャンクフード(極端に高カロリーな物)は避けて
外食する日はあらかじめ前日までに報告して頂いて
外食時以外の食事の栄養素量を増減
させます。

クライアント

え!いいんですね。
チョコレートケーキとかって・・・

KONDO

設定した栄養素をしっかり摂れている事が前提
あとは数値的な状況を見てOK出すので
そのうち食べれますよ。今は控えてください。

基本的に外食へ行くと
オーバーカロリーになることがほとんどで
その余剰分にもよりますけど
その余剰回数頻度が高すぎると
確実にダイエット的には滞ってしまうので
外食へ行っても良いけれども
外食以外での食事で調整が必要になります。

結果的に8kg減量

 結果的に56kgが48kgになりました。
ただ単純に「8kg」という減量幅を見ると
ものすごく大きく落ちたと思ってしまいますが
5か月かけて計画的にじわじわと落としています
つまり1ヵ月平均1.6kg減量ということになりまして
カロリー的に言うと11,000kcal前後
要するに1日あたり380kcalのマイナス収支で
ほぼ計画通りの食事内容で遂行できました。
※水分量もあるので現実的にはもう少し小さい

計画的にできた要因

 お客さんの努力です。そして継続です。
私の指示にしっかりと従った食事を摂取し続けて
外食もリズムよく取り入れて停滞させることなくできました。
もちろん制約がついているわけですから
少なからずストレスを抱えています。
しかしながら上手くストレスと付き合うことができ
計画通り過ごせたことが要因です。

パーソナルジムに行って
パーソナルトレーナーの指示に従えば
ほぼ確実に数字的な結果はでます。
当ジムではさらにそこに習慣化できるように
自分で考え調整できるように
理論的に方法論をいくつか提示しながら
指導していくので健康被害のリスクを
かなり提言できます。
これを我々は肉体美と健康美の両立と
呼んでいます。

この記事を書いた人