ガリガリ宣言

ODAはガリガリになった。

2021年よりさかのぼること数年前。
高校を卒業した後、大学生1年生になり
華の大学生になった稲荷のくまさんODAは
モテたい一心でダイエットを始めた。
高校卒業時は96㎏です。

当時の体型についてはコチラのブログを参考にしてください。
大学では、部活動に入っていたため運動量は確保。
筋トレはなしの。
あとは食事だけ。
当時は知識も知恵も無いため
痩せるためにはを手段を選ばず、
いろんなことに手を出しました。

ODAがやったこと

この時自己流でODAがやったこととして
・断食
・酵素ダイエット
・バナナダイエット
・プロテインダイエット など。

この時代にはまだ今みたいに
ジムが少なかった時代で
筋トレがメディアで発展していない時代だったので
筋トレのきの字もありませんでした。

FATODA

食べなければ痩せるっしょと思っていたODA

流行りのモノ、テレビで観たことを
そのまま理解せずに実践しました。

それぞれの結果 【*個人的結果】

断食に関してはネットで調べて出てきた広告の中にあった
酵素ドリンクを飲んでほぼ、水と塩で生活するというもの。
1週間で-10㎏痩せるという謳い方に乗り実践しました。
4日目ぐらいでふらつきが出ましてそこから
精神的に粘った結果1週間でー3㎏減。

断食の後は森〇美子がテレビでやった
バナナダイエット。
ほとんどの食事をバナナにするといったもの。
今となってはバナナが敵に見えるほど狂いました。

そしてプロテインドリンクを食事の置き換えにして
継続して5カ月
秋の訪れとともに、体重は96㎏→65kg数値的に痩せました。
1カ月5㎏程の減量に成功しました。
それがこれ↓

かなりほっそりしました
稲荷のぽっちゃりが三好のカイワレ大根になりました。
高校生の時に買ったデニムが緩すぎて
履けなくなりました。
入学時に買った野球のユニフォームもブカブカです。

痩せはしましたが、急激な減量だったので
拒食気味になっていました。
食べたら食べたことへの罪悪感により
吐くの繰り返し。

今思えば通っていた大学がスポーツ大学で
秋学期から栄養学の授業があったのと
ゼミの先生や周囲の友達の支えで
食事への偏った考えが続かなかったので
時間はかかりましたが
病院に行くことなく、食事への罪悪感はなくなりました。
今思えば環境にめっっちゃ恵まれたと思います。

ここでの経験が後に生きる

極端な方法で劇的な変化を求めると
とんでもない負担がかかることをここで身に染みました。
短期的なものの弊害は激しいものです。
ここまでの過度な減量は精神的によろしくないものです。

今回は自己流でしたがここでの教訓は学習です。
餅は餅屋という言葉があるように
専門の所に師事を仰ぎ、
自己学習を積みながら遂行することが大事です。

こうして大学での栄養学の授業や
部活動時代のトレーナーに師事を仰ぎ、
食事やトレーニングへの理解を深めるとともに

私生活では合コン合コン
そして、立派な学生廃人になっていくのであった。
あれ?

この記事を書いた人

ODA世界観

ODA世界観

NSCA-CSCS
健康運動指導士
健康運動実践指導者

パーソナルトレーナーとして年間で2000件近く指導してきて、豊橋市内での指導件数は一番多いのではと自負があります。それが経験として活き十人十色の骨格・体力を瞬時に認識して適したトレーニング指導ができます。
NSCA-CSCSの資格を取得して以来は、ウェイトトレーニングばかりではなく身体の柔軟性や動かし方などのコンディショニング面の改善意識も強く持つようになりました。ボディメイクはもちろんのこと、姿勢の意識をはじめとする腰痛や肩こりに対してアプローチし身体の不調を整えながら楽しくトレーニングを行えたらと思います。