有意義なパーソナルトレーニングとは?

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
パーソナルトレーニングの意義は?と。
初心者に関してはこちらの記事で少し触れました。
自分では運動が出来ない、やりたいけどやり方が分からないと
そういった方に関しては、トレーニングを継続する場、学ぶ場として
パーソナルトレーニングは有意義に思えます。
では経験者は?
先リンクの記事で経験者にとっては昇降口と表現しました。
トレーナーのレベル次第で、レベルアップもすれば、
レベルダウンもする可能性があります。
YouTubeであらゆる情報が手に入るため、
トレーナーもお客もレベルがほぼ同じレということもあり得ます。
そのようなジムならば、大した成長は見込めないです。
というか行く意味ないです。
数だけこなしてやった感を出す。フォームの修正をしない、というかできない
そんなパーソナルジムが9割近くを占めるは事実です。

maison de FLEXERの一例

つい最近の来られたお客様(以下Aさん)のことを一つ例にしてみましょうか。
Aさんは自身でもトレーニングし、パーソナルジムも過去2件ほど経験していました。
また、某フィットネス大会にも出場経験もある誰が見てもの経験者です。
そんなAさんのトレーニングにおいての悩みは
何をやってもハムストリング(太ももの裏)に刺激が入らない、効いてる感じが無い」とのことでした。
「レッグカールをやって大腿四頭筋(太ももの前側)に刺激がある」とのことです。
実際に初回日に、レッグカールを行ったところ大腿四頭筋に刺激が入りました。
経験者ならばその特異性が分かるかと思いますが、非常に稀有なケースです。
他のパーソナルジムに行ってもそこが改善されることはなく、
ブルガリアンスクワット、レッグカールを行えば、大腿四頭筋にしか感覚がありませんでした

Aさん自身も改善したいとのことだったので、
筋力トレーニングではなく、感覚器の発達を促すトレーニングをメインとし、
何度か行えば、しっかりとハムストリングの感覚を掴むことが出来ました。
Aさんにとってのパーソナルジムは「ハムストリングの感覚を掴む場所
このような利用方法です。
他のパーソナルジムの回数券が残っているそうですが、
当ジムでハムストリングの感覚を掴んでからそちらに伺うと仰っています。

KONDO

客の悩みを無視し続けるトレーナーは一度、勉強し直し、反省しなさい。

まとめ

パーソナルトレーニングがどう利用するかは人それぞれです。
前項のAさんに関して言えば、
パーソナルトレーニングに行かなけば一生ハムストリングの感覚が
出ていなかった可能性が高いです。
もちろん、他のパーソナルジムに行っていたため、
パーソナルジム全てが有意義であるとは言えない
ですが、
今回の件に関しては、当ジムは有意義であったと言えるでしょう。
一つの基準としてパーソナルトレーニングが有意義であるかどうかは、
行く前と行った後で自分の中でトレーニングに対して
プラスの事があったかどうか
です。
ハムストリングの感覚が掴めた、背中の感覚が掴めた、
BIG3のフォームを覚えることが出来た。
はっきりいってしまえばなんでもいいんです。
自分の中でトレーニングにおいての悩みに対して、
道を示してくれる場所として考えていただければ幸いです。

とりあえず、こちらの記事で心得を学んでトレーニングを行ってください。

この記事を書いた人

BIG FACE KAMEYAMA

BIG FACE KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。