効くトレーニング…?効く…?聞く…?

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
巷では効かせるトレーニングなどと
よく分からないトレーニングが
何度も流行り、廃れていきます。
時代ごとで”流行り”というのはほとんどが
廃れていく中、その時代においては
輝かしくも歴史を彩ったモノたちもあります。
なので今回は、
「VOCALOIDの時代を彩った名曲」
で行こうと思います。

メルト/ryo

一応、乙女心を歌った曲ではある。
別記事でも軽く触れましたが、「メルトショック」を起こした曲です。
VOCALOID神話入りの一曲である。(ニコニコ動画において1000万再生越え)
メルトショックは原曲と歌ってみたでニコ動のランキング上位が「メルト」ばかりになり、
サムネイルが同じため見ていた者達、驚愕させた事件です。
自演発覚祭りから勢いを失っていた、歌ってみたというジャンルが
復活した事件でもある。
君の知らない物語で有名なsupercellの0曲目という位置付けをされています。

マトリョシカ/ハチ

2010年の代表作ともいえる楽曲。
ボカロ特有のアップテンポな曲調で、PVも完成度が高く、
全体的なクオリティがとても高くなっています。
VOCALOID神話入りの一曲。
ハチは現・米津玄氏で、「結ンデ開イテ羅刹ト骸」もおすすめです。

FREELY TOMORROW

動画タイトルに「調教すげぇ」という言葉をタイトルに付けてるほど、
初音ミクの調声にこだわり抜かれた作品で、
VOCALOIDの可能性を広げた楽曲でもあります。
タイトルに自画自賛のコピーが付けていますが、
実際に聞くと文句無しのレベルで調声が行われています。
当時、最速のVOCALOID伝説入り(ニコニコ動画において100万再生)を
果たしたが、最速記録を6年弱保持した後、【砂の惑星/ハチ】に抜かれた。

千本桜/黒うさP

誰もが知っているレベルで有名なボカロ曲です。
曲は和ロックテイストで、歌詞には現代風刺と思わせる
暗喩があり、様々な解釈できます。
カラオケランキングでも上位に入り、
CMタイアップ、温泉とのコラボ、
NHK紅白歌合戦で小林幸子が歌うなど
VOCALOIDを知らない人でも耳にする機会が
多かったのもあり、不動の人気を博しています。
VOCALOID神話入りの一曲。

カゲロウデイズ/じん

曲の中でストーリーを展開させるという、
VOCALOIDの新たな可能性を示した楽曲です。
”曲”として聞くよりも”物語”として聞いていただきたい。
この曲の後、マルチメディアプロジェクトとして
”カゲロウプロジェクト”として、小説、漫画、アニメ、映画と
展開をしていった。

Tell Your World

Google ChromeのCM曲として、書き下ろされた楽曲です。
iTunes stored、レコチョク「アニメ/ゲーム・フル」ランキングでも
1位を獲得したことがある。
Googleという世界的企業のCMを担当することで、
VOCALOIDの世界進出の足掛かりになった曲であると考えています。
ちなみにCMで踊っている初音ミクはLat式である。

ECHO/CRUSHER-P

海外在住のボカロPが作曲し、英語のみの曲としては
初めてミリオンを達成した曲です。
この曲はVOCALOIDが海外でも認知され、
日本の文化としても根付いてきた証でもあると考えています。

みくみくにしてあげる♪/ika_mo

聞いてると楽しくなってくる曲です。
VOCALOIDがまだ一般的には無名だった時代に、
VOCALOIDの知名度向上に大きく貢献し、
CG職人がPVを作成することで、
「初音ミク」というキャラクターを広める事にも、貢献した曲である。
正直、「初音ミク」を語る上では外すことは不可能な楽曲です。
もちろんのこと、神話入りの一曲である。

オタクK

みっくみくにしてやんよネギ→ Y(*゚□゚*)

まとめ


初音?みくみくにしてやんよ
   ∧_∧
   ( ・ω・)=つ≡つ
   (っ  ≡つ=つ
   /   ) ババババ
   ( / ̄∪

この記事を書いた人

BIG FACE KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。