憎まれっ子なデッドリフトを救いたい

 KONDOです。
今回はデッドリフトについて。

デッドリフト

 私が思う至高の種目、それはデッドリフト。
どこを鍛える種目かというアジェンダは
頻繁にネット上に挙がり色々な意見があります

「デッドリフトは背中の種目」という人も居れば
「デッドリフトはハムケツの種目」という人も居ますし
「デッドリフトで広背筋は鍛えることができない」と言う人も。
実際これはやれば分かるのですけども
ざっくり言いますしこれが正解だと思いますが背面全部です。
詳細的に言えば
Posterior Chain Muscles(ポステリオールチェーン筋群)
ハムストリングス・大殿筋・脊柱起立筋・僧帽筋・菱形筋
広背筋・三角筋後部などなど大々的に刺激します。
ポステリオールチェーンは腰や膝などの安定性を高め、
姿勢を保つ重要な役割を保ち
スポーツ的に考えてもパフォーマンス向上・傷害リスク低減

非常に重要な筋群だと分かりますね。

 この全てを刺激し得る運動連鎖を起こす種目が
デッドリフト
というわけです。

デッドリフトがもたらす恩恵

 前述のとおりポステリオールチェーン筋群の強化こそ
デッドリフトがもたらす最大の恩恵
であります。
強化というのは文字通りの出力の安定性・パワーももちろん
筋肥大という点においてもです。
個人的な意見ですがデッドリフトをやっているか否かで
背中の筋肉美の完成度というものが違います。
やっていない人は個人的には薄いのっぺりした背中な気がします
。 

 またトレーニングを日頃から行っている人だと
特に初心者に多いのがベンチプレスやクランチなどを
好きだからという理由で多く行う人が多いため
PosteriorでなくAnteriorつまり身体の前面の方が
比較的強くなり不均衡になっていることも多いです。
この不均衡さが生じていると
腰痛や膝痛・首の痛み、可動域減少等のリスクを高めます


 ということでこの「安定性」「パワー」という点において
日頃のトレーニングの質に大きく影響を及ぼします。
これも個人的な意見ですが
ポステリオールチェーン筋群が強化されていない者の
動作は不安定で態勢維持が困難且つ重心がズレたりと
見ていて問題点が多く生じます。

デッドリフトの要求の高さ

 前述の通り、「背面全部」でありますから
かなり高度な運動連鎖を必要としています
ということは気を付けるべき点が多いということであり
フォームエラーもかなりの確率で出やすいということです。
フォームエラーというよりもそもそも
スタートのフォームすらとれない人がかなり多い
です。
そして「腹圧」。これはもはや要です。
※腹圧については後日後述します(できている人少ないよ)。
ということでそもそも確かに難易度が高いのです。

 一見バーベルを床から引き上げるという単純動作でも
見様見真似でできるほど簡単ではありません

しかしながら他の種目より重量を積める愉悦に溺れ
正しいフォームが確立していないにも関わらず重量を積んでしまい
見事に円滑な運動連鎖が起きず
腰へ多大なダメージが起き怪我をするというパターンが多発。
デッドリフト=危険な種目
として広く認知されてしまっています。

デッドリフトは悪くない

 結論から申しますと
デッドリフトは危険な種目ではありません
確かに難しいですが危険ではありません。
難しいが故にエラーが出やすいということで
デッドリフトではなくその人が悪いだけです。
柔軟性や可動域、そして腹圧…etc
結局トレーニングする側の身体のコンディションの問題です。

 当ジムに来るコンテストに出ている人たちの
当ジムに来る前のコンディションでしたら
「怪我して当然です」といった感じでした。
ちなみに当ジムに来店したトレーニーの中で
コンディションが十分に整っていた人は
誰一人としていませんでした。
言い換えると100%に近い確率で
どこかしら身体に問題を抱えている
ということです。

 あと地味に多かったのが
市内・県外のパーソナルジムで教わってきた
デッドリフトやスクワットのフォームがどれも
そういったコンディションを無視した
カタチだけのフォームをとらせていた
ため
それがその人に馴染んでしまいそのまま
やってきてしまっていたというパターンです。

 同業者の問題点で恥ずかしいですけども
デッドリフトやスクワットはもちろんのこと
他のトレーニング種目のフォームが汚い
パーソナルトレーナーなど星の数ほど居ますから
注意が必要です。出来ないことは教えれないですからね。

デッドリフト不要論者

 デッドリフト不要説を唱える人は確かに一定数います
その人たちの理由の多くはやはり”怪我のリスク”です。
あとは広義的過ぎる「背面への刺激」ということで
ボディビル的なロジックとは少し違いますね。
ボディビル的に考えれば狙った部位を事細かに鍛えていく
感じですからニュアンスが変わってきます。
トレーニーの多くは比較的ピンポイントではない刺激や
パンプ感をあまり得られない種目を避ける傾向がありますから
そういう意味でも不要説を唱える人が多いのです

 日本国内のボディビルトップクラスの選手の中でも
やるやらないが両極に分かれるほどです。
確かにデッドリフトを行わずして素晴らしい背面の肉体美を
有している選手も多いのは事実です。
ボディビル的に考えれば確かに不要かもしれません、
やはり筋肥大という点では”効率”はやはり重要視されますし
デッドリフトが刺激するポステリオールチェーン筋群の内訳を
見れば分かると思いますがかなり複数の筋群を刺激しますから
それだけ体力をもっていかれますし疲労もかなり出ます

ということで回復という重要なファクターも大変になります。

まとめ

  • デッドリフトは危険な種目ではない
  • デッドリフトが悪いわけではなく
    あなた自身のコンディション・フォームが悪い
  • デッドリフトはポステリオールチェーン筋群を強化する
  • デッドリフトは身体の安定性を獲得できる
  • デッドリフトは様々な種目において出力の安定性を向上する
  • デッドリフトはボディビル的に考えれば
    必要不可欠ということではないが恩恵は凄まじい

やるかやらないかは自由ですけども
これだけは最後に強調させてください。
デッドリフトは危険な種目ではない

あとパーソナルトレーナーの中でも
スクワットとデッドリフトを正しく指導できる人は
なかなか居ないので気を付けてください。
仮に重量をある程度扱えるからとて
美しいフォームでできている人は滅多に居ません。

豊橋市で正しいスクワットとデッドリフトを
習得したい方は是非当ジムへ~




 

 












 

この記事を書いた人