個人的に適したデットリフト時のシューズ

こんにちは。ODAです。
前回のトレーニングの際の靴について
つれづれなるままに述べていきました。
今回はスクワットシューズの続き、
デットリフト時に履くシューズについて
述べていきたいと思います。

デットリフトシューズ※ODAの独断で判断

デットリフトシューズを買う際、大事になってくることは3つ。
・グリップ力
・靴の中で足がづれない事
・素足感覚に近い

だいたい3つぐらいの要素を基に
デットリフトシューズを選んでいきました。

ODAのデットリフトの特徴として
脚の付け根からグンっとを床を押していきながら
バーベルをぶち上げる的な感覚です。
端的に言えばほぼほぼ脚であげるようなデットリフトです。

床を踏ん張ってバーベルを持ち上げるので、
足元がツルツルと滑ってしてしまえば
地から伝わる力をフルに使えないです。
これではいけません。
タ〇コさんがイ〇ラちゃんによく言っている
意味がここでようやくわかりました。
そこでグリップ力があるシューズが1つ目の条件です。

グリップ力が備わったところで
今度は足が靴の中でズリズリと
ズレてしまってはせっかくのグリップ力の意味がありません。
個人的な感覚としては
中足骨に対してガチっと締めてくれる
アプローチがあるものがODA的感覚としては欲しいところ。
紐タイプやマジックテープで中足骨をアプローチできるシューズが
2つ目の条件です。


3つ目は素足感覚。
ということはソールがうっすいもの
ぺらっぺらなものがODAの心を射止めます。

以上を踏まえてODAの個人的

寅さん(ワークマン)

チョットオシャレ

現時点ではそれを使ってます。
・グリップ力
・靴の中で足がづれない事
・素足感覚に近い

この3点が備わったものとして
意外と好感触でしっくりしたものが寅さんでした。
当ジム愛用の店ワークマンで手に入る一品です。
値段も1800円と手が出せる値段です。
グリップ力もあり中足骨に対するアプローチもあり
そして素足感覚。
現段階ではこの靴に辿り着きました。
愛ラブ寅さん♡

その他にも
亀山愛用のJIRIKI
KONDO愛用のNOTORIOUS LIFT
またまた
テスラ ベアフット
また
レスリングシューズや
ボクシングシューズも
値段が張るものが多いですが、オススメです。

どんな靴を選ぼうかなーって考えるその時が
一番楽しいですね。

この記事を書いた人

ODA世界観

NSCA-CSCS
健康運動指導士
健康運動実践指導者

パーソナルトレーナーとして年間で2000件近く指導してきて、豊橋市内での指導件数は一番多いのではと自負があります。それが経験として活き十人十色の骨格・体力を瞬時に認識して適したトレーニング指導ができます。
NSCA-CSCSの資格を取得して以来は、ウェイトトレーニングばかりではなく身体の柔軟性や動かし方などのコンディショニング面の改善意識も強く持つようになりました。ボディメイクはもちろんのこと、姿勢の意識をはじめとする腰痛や肩こりに対してアプローチし身体の不調を整えながら楽しくトレーニングを行えたらと思います。