結局のところ卵は身体に悪いのか? ①

KONDOです。
今日はについてのです。

ボディメイクをしている方でしたら
よく卵を食べているんじゃないでしょうか。
パーソナルジムでも卵は完全栄養食として
食べる事を推奨しているところが
豊橋市でもSNSの投稿などで見かけます。

しかしながら卵は昔から
「1日1個まで」と言われていたり
「1日1個以上食べるべき」と反対意見があったり
「何個食べても特に害は無い」という意見も。

実際のところどうなの?
ってことでそれを記事にしていきたいと思います。

完全栄養食?卵

卵は良質なたんぱく質源でもあり
ビタミンAやビタミンD、鉄などなど
微量栄養素も豊富に含んでいます

そのため完全栄養食と言われたりしますね。
加えて安いですよね。

ボディメイク的な観点

安くてコンビニとか薬局とかでも
どこでも売ってるのでかなり身近な食材ですね。

そしてたんぱく質も摂取しやすいため
筋肥大、ダイエットなどボディメイクに
日々励んでいる人はマストな食材だと
認識している人は多いのではないでしょうか。

私もトレーニング始めたての頃は無知でしたし
1日10個とか食べてました。
映画ロッキーでも生卵を飲んでいましたね。

とりあえず安くて手軽にたんぱく質とカロリー補給ができ
そして管理もしやすいです。

ですが立派に脂質も含んでいますので
こんな意見もあったりするんですよね。

トレーニー

黄身は捨てて白身だけ食べてます。
1回で5個くらい。

そう黄身を捨てる人多いですよね。
捨てはせんくても家族にあげたり
醤油漬けにして別日に食べたり、とか。
また、冷凍卵白など製品もあったりしますね。

結局 卵=たんぱく質摂取源
と捉えている人からしたら脂質って邪魔
なんですよね。

トレーニー2

いやいや全卵で食べた方が
筋肥大するって聞いたぞ。

こういう意見もあります。

論文を出すまでもなく
単純に脂質も微量栄養素も筋肥大には寄与しますし
カロリーも積まなければ筋肥大しませんので
全卵の方がベターでありますよね。
他にそれらの栄養素を補わなければなりませんし。

今回はどちらが筋肥大するのかではなくて
身体に悪いのか悪くないのか、が論点ですので割愛。

問題はコレステロール

卵は先述の通り優れた栄養素を豊富に含みます。
一方黄身にはコレステロールも豊富に含んでいます
そのため全卵を食べると
血中コレステロールが上昇すると懸念があります


これが我々を惑わす原因です。

最新の研究を見てみましょう

今年の2月、半年前のものです。
かなり新しいですね。

アメリカ人52万人を対象としたコホート研究。
卵の摂取量が最も多い人たちと
最も少ない(ほぼ食べていない)人たちを比較すると
循環器疾患によって死亡するリスクが
前者の方が15%高くなっていました


ちなみに最も食べている人たちは
週に4~5個くらい卵を食べている人たちです。
つまり1日1個も食べていない
のですがこの結果。

また様々な文献においても
卵を食べれば食べるほど循環器疾患系リスクが
上昇しています。

これを見る限りでは
卵はあまり食べない方がいいじゃないか
って結論になってしまいますね。

でも反証意見も存在しています。
②へ続く・・・




この記事を書いた人