プリン体。認識とのギャップを知りましょう。

KONDOです。

最近コンテスト優勝・入賞されている方含め
日々トレーニングしている
いわゆるトレーニーが当ジムに
よく訪れてくれております。
今週は浜松北や菊川の方など
県外・遠方からお越しになられましたね。
来週は大阪からお越しになる方が居ます。

パーソナルトレーニングって
トレーニングを正しく指導して
栄養素やダイエット法などの知識を
お客さんに提供する場所ですよね。
それを最も渇望している層ってどこか?
って考えるとトレーニーなはずなんですよね。
誰よりも時間を割き金を使い・・・ですからね。

トレーニーからして魅力がない、
行きたいと思えないところって・・・
って思ってたところだったので
なんとなく認められてきている気がして
嬉しいですね。もっと来てほしいです。

パーソナルトレーナーであるならば
知識を武器とし理論で活動しようや。

プリン体

お客さんの中にはもちろん
お酒が大好きな人がたくさん居ます。

「今日二日酔いでさ〜」
なんて言葉もちょくちょく聞きます。
勘弁してください。笑

そして血液検査で尿酸値が引っかかって
ビールはなるべく控えている
だなんて言っている人も居ます。

そもそもプリン体とは??ですね。
先述の通り尿酸値、
つまりは尿酸のもとになる物質で
これの血中濃度が高くなっている状態を
高尿酸血症、痛風と呼びます

聞いたことありますよね?

プリン体を含むもの

実際
ビールにはそこまでプリン体は含まれていない
ことをご存知でしょうか。

実際めちゃくちゃ豊富に含まれちゃっている
筆頭はレバーです。
知っている人は知っていますけど
意外に多く含まれているのが
エビやカニ、イカ・タコなどです。

100g換算するとレバーに含まれる
プリン体の量はビールに含まれるプリン体量の
約45倍ほどになります。(中央値)


ビール以外のお酒も似たようなもので
ビール同様対して含まれていません

焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は
もちろんプリン体は含まれておりませんし
ワインや日本酒も含まれてて含まれてないような
そんなぐらいです。
確かに他の酒と比べると
ビールは多く含んでいますがね・・。

と、ここまでの読み取りですと
「え!!酒飲んでいいんか!」となりますが・・・

痛風の原因

ということで痛風の原因は
別にビールに含まれているプリン体
ではないことが分かるかと思います。
ましてや肉や魚の方が多いわけですからね。

ではなぜ??ですが
これはアルコールが原因です。
残念、酒好きたちに光明が見えたかもしれませんが
逆でしたね。アルコールがダメです。

機序としては
アルコールが体内で代謝される過程で
体内での尿酸の合成が促進されて
腎臓の働きが鈍り尿への尿酸排出が
邪魔されてしまう

感じです。

簡単にいえば
体内で増加傾向になり出ていけない
→増え続けちゃうってことです。

ビールがダメってより
アルコールそのものと食べるものによる
相乗的な要因が痛風の原因

という話でした。

後日アルコールについて記述します。
あまりのん兵衛からしてみたら
見たくない記事かもしれませんね・・・



この記事を書いた人