大変さと挑戦を繰り返して、、、

こんにちは。ODAです。
3月も終わり、4月です。
桜が綺麗に咲いてきましたね。
満開の桜を見ながら風情に浸っても良さそうですね。
そんな、桜の咲く頃、社会人は新年度が始まって
学生は新学期と新しい1年がスタートしますね。
今年新入学を迎える学生アスリートの方も多く居ると思います。
新しい環境に身を預け、この先どんな学生生活が待っているか
期待と不安を抱えながら新生活を迎えることもあるでしょう。

初めてづくしの日々

新たな環境になるこの時期。
今までとは違った場面に遭遇することが多くなります。
例えば、新入生だと環境が大きく変わること。
環境が変わることで人間関係も大きく変わったりして
変化に気付いてくると思います。

また、環境が変わったことで、時間の使い方が大きく変わり
起こる全ての出来事が新しく感じることになるでしょう。
これからの時期は初めて尽くしだと思います。
いい意味で全てが新鮮に感じて
ワクワクするような出来事にも遭遇すると思います。

思い描いたものとは違ったとしても

生活すべてに新鮮味を感じてワクワクする一方、
今までと環境が変わったことで
時間の使い方、人間関係の構築、組織の体制など
一筋縄ではいかない事柄に遭遇することもあります。

ここで、自分自身が思い描いていた事とは違った状況に
直面したりと一言で言えば‘‘大変‘‘だと
感じてくることもあります。
この大変に対して億劫になってしまわないように
変化に適応していくことがその後の生活にプラスに
働くことができると思います。

大変だなと思うことがが多くても挑み続ける

新たな環境では、楽しいと思えることもあれば
自分自身が悩み、負荷のかかる出来事もあります。
物事がうまく運ぶこともあれば上手くいかないこともあります。
どっちに転んだとしても常に進んでいかなければ
その良し悪しを見つける事は出来ません。
たとえ、大変だと思うことがあったとしても
歩みを止めずに挑戦し続けることが
いずれ、大変だったけど挑戦し続けてよかったと最後に思えるはずです。


学生、アスリートのみならず、全人類
これからの生活が有意義な時間になるように
新しい環境でも根気よく過ごせたらと思います。

その他のブログはコチラから




この記事を書いた人

ODA世界観

NSCA-CSCS
健康運動指導士
健康運動実践指導者

パーソナルトレーナーとして年間で2000件近く指導してきて、豊橋市内での指導件数は一番多いのではと自負があります。それが経験として活き十人十色の骨格・体力を瞬時に認識して適したトレーニング指導ができます。
NSCA-CSCSの資格を取得して以来は、ウェイトトレーニングばかりではなく身体の柔軟性や動かし方などのコンディショニング面の改善意識も強く持つようになりました。ボディメイクはもちろんのこと、姿勢の意識をはじめとする腰痛や肩こりに対してアプローチし身体の不調を整えながら楽しくトレーニングを行えたらと思います。