筋トレをやり過ぎると死亡リスクが高くなる

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
今回はlive〇oorNEWSで話題になった、
筋トレの記事についてのブログです。

筋トレが悪影響になる?

話題になったのはこの記事になります。

内容を分かりやすく割愛すると、
1週間に30~60分間の筋力トレーニングで
心血管疾患、がんの発症リスク、
あらゆる病気などによる死亡リスクが減少する。
一方、筋トレが週130分~140分を越えると、
糖尿病以外の疾病リスクが上昇し、
死亡リスクが高まることが判明。

これがlive〇oorNEWS”で”書かれた内容です。
引用元も原文も何も載せていない。
NEWS系記事の悪いところですよ、本当に。

こちらが元の論文になります。

Conclusion
Muscle-strengthening activities were inversely associated with the risk of all-cause mortality and major non-communicable diseases including CVD, total cancer, diabetes and lung cancer; however, the influence of a higher volume of muscle-strengthening activities on all-cause mortality, CVD and total cancer is unclear when considering the observed J-shaped associations.

筋力強化活動は、全死亡および、心血管疾患、総がん、糖尿病、肺がんを
含む主要な非感染性疾患のリスクと逆相関していた。
しかし、観察されたJ字型の関連性を考慮すると、
より大量の筋力強化活動が全死亡、心血管疾患、総がんに対して及ぼす影響は不明であった。

PDFの一枚目に結論に時点で不明になっていますよ。
また、疾患別でエビデンスの質がだいたい”low”低いにもなっています。

However, the influence of a higher volume of muscle-strengthening activities on health benefits is unclear.

しかし、筋力強化の活動量が多いことが健康効果に与える影響は不明です。

この様な一文もあります。

この論文で得られた新しい知見は、
「筋力強化活動は、成人において有酸素運動とは独立して、
心血管疾患、総がん、糖尿病、肺がん、全死亡のリスクを
10~17%低下させることにと関連していた。
全死亡、心血管疾患、総がんのリスク低減は、
約30分~60分/週の筋力強化活動で最大となり、
糖尿病リスクは60分/週の筋力強化活動まで急激に低下し、
その後緩やかに低下した
」です。
と論文にも書いてあります。

結論、やり過ぎは悪いかもよ?まだ研究していこうねです。
どこにも断言するような感じになっていませんが、
頭の悪いNEWS記事では断言してしまうそうです。
そして、これに流される人も原文を読まない、
調べない、言われるがままの”情報弱者”と
カテゴライズされてしまいます。
なので、調べる力はこの情報化社会では
必要な力になるので、身に付けていきましょう。

まとめ

何回目だよのNEWS系の出鱈目です。
過去にたんぱく質の記事もありましたね。
論文は読み取り方1つで内容が変わってしまう事があります。
GI値然り。
なので、原文をしっかり確認していきましょう。

ただ、やり過ぎは良くないよねは事実です。
無い事も程度の問題です。
健康を維持しようと運動する人が
日に2,3時間も筋トレしますかね。
やる人たちは筋トレが好きだからやっています。
お酒も砂糖類も塩分も摂り過ぎたら
身体に悪いのは皆知っていますよね?
けど、口にすることはあります。
何事も量の問題です。

過去おすすめ記事
毒性学の父パラケルススの御言葉と添加物の考え方



この記事を書いた人

KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。