懸垂バリエーション時の筋活動に関する筋電図解析

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
今回は、懸垂バリエーション時の筋活動に関する
筋電図解析についての論文を引用していこうと思います。

論文

本研究の目的は、スピネートグリップ、プロネートグリップ、ニュートラルグリップ
、ローププルアップエクササイズ時の肩・腕・前腕複合体の
相対的なピーク筋活動(EMGPEAK)と
平均整流可変筋活動(EMGARV)を評価することである。

対象は筋力トレーニングを受けた19名の男性が参加し、
すべての参加者は、懸垂課題への参加を妨げる筋骨格系の損傷はなかった。

僧帽筋中部を除いて、結果は、
懸垂運動の異なるバリエーション中の手の向きに関係なく、
肩・腕・前腕複合体のEMGPEAKとEMGARVが類似していることを示しました。
したがって、本研究は、筋力と前腕複合体との間に差異があるという研究仮説、
およびフィットネス専門家の間で一般的に信じられていることを否定するものである。

すべての筋の活性化は、最大随意筋収縮率(%MVIC)として表された。
プロネーテッドグリップは、ニュートラルグリップと比較して、
僧帽筋中部のEMGPEAKとEMGARVを著しく増加させる結果となった。
各プルアップバリエーションのコンセントリック相では、
エキセントリック相と比較して、上腕二頭筋、上腕二頭筋、
大胸筋のEMGARVが有意に大きくなった。

この結果は、懸垂のバリエーションを繰り返す際、
肩・腕・前腕複合体のEMGPEAKとEMGARVは、
手の向きが変わっても同様であるが、
各懸垂のコンセントリック相とエキセントリック相では
違いが存在することを示すものであった。

結論として、プロネーテッド・グリップ・プルアップが、
ニュートラル・グリップ・プルアップと比較して、
僧帽筋中部をリクルートするのに優れていることを示しました。
上腕二頭筋、上腕二頭筋、三角筋中部、
大胸筋上部、僧帽筋下部、広背筋、棘下筋のピークおよびEMGARVは、
他のすべての懸垂バリエーションで同様であった。

さらに、EMGPEAKによる筋活動は、上腕二頭筋、
上腕二頭筋、広背筋、棘下筋の適応を促進するのに十分であると思われる。

まとめ

対象は”試験の6ヶ月以上前から定期的に
レジスタンス運動(週3日以上)”の19名です。
スピネートグリップの画像も論文についていましたが、
右肩甲骨挙上が入っていたりと、
トレーニングレベルが決して高いとは言えないです。


広背筋を狙って懸垂の動作しようとする、
肩甲骨下制はするはずです。
そうなると体感的に筋肉の感覚は、
グリップごとで違いが分かりやすいとは思いますが、
この肩甲骨下制入れてないと、
割と肩竦んで似たような動きになるんですよね。
なので、論文結果としても納得と言えば納得です。

論文見るとき文章だけだと誤解を招くので、
画像があるやつならばそこもしっかりみないと勘違いしてしまいますね。

トレーニーなら特に分かるかと思いますが、
懸垂の難易度の高さです。
半年そこそこでしっかりと出来るほど簡単ではないですよね。

過去おすすめ記事
懸垂のやり方・最終的な最適解

この記事を書いた人

KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。