男女で筋肥大・筋力の発達に差はあるのか?

こんにちはTOMOAKIです。
今日は少し古いですが2005年に発表された
男性と女性の大規模なサンプルにおける
筋肉のサイズと強度の変化の変動性
また、トレーニング後の筋サイズと筋力の
変化の性差を評価した研究を紹介します。

研究紹介

585名(女性342名、男性243名)の被験者が、
両腕の肘関節屈筋の等尺性筋力(MVC)および
動的筋力(1RM)、ならびに上腕二頭筋のMRI(断面積(CSA)測定)を、
非利き腕の段階的動的レジスタントトレーニングの
12週間前および12週間後において評価した。

結果、サイズ変化は-2~+59%(-0.4~+13.6cm)、
1RM筋力向上は0~+250%(0~+10.2kg)、
MVC変化は-32~+149%(-15.9~+52.6kg)であった。

変動係数は,男女それぞれ,CSA の変化で
0.48 と 0.51(P = 0.44),MVC の変化で
1.07 と 0.89(P < 0.01),CSA の変化で
0.55 と 0.59(P < 0.01 )であった。

男性は女性と比較してCSAの増加率が2.5%大きかった(P < 0.01)。
男性の方が絶対的な増加が大きかったにもかかわらず、
筋力測定における相対的な増加は、
男性に対して女性で大きかった
(P < 0.05)。

結論、男女とも、レジスタンス・トレーニングに対する
反応には大きな幅があり、ほとんど増加しない被験者もいれば、
サイズが10cm以上増加し、筋力が2倍になるなど、
大きな変化を示す被験者もいた。

男性は女性に比べてサイズの相対的な増加において
わずかな優位性しかなかったが、
女性は筋力の相対的な増加において男性をかなり上回った。

まとめ

筋肥大においても面白いことに下の図のように
中央が膨らみ、両端に行くほどおおよそ左右対称に
低くなっておりベルカーブに近い形となっています。

大半は平均的な発達を見せて、
ほとんど発達しない人、かなり発達する人が両端に少数ずつ現れています。
かなり発達する人たちがボディビルで
TOPの方にいる感じがしますね。

横軸:上腕二頭筋の断面積の増加率と縦軸:被験者の比率

女性の方が筋肥大の増加率は男性より低いですが
その差は僅かであるため、理想の体を目指して
筋トレを取り入れてボディメイクしていくことは
男女ともに共通していることだと言えます。

実際に当ジムのお客さんを見ていると
デッドリフトをやり込んでいる方は
重量の伸びや肥大には個人差あれど
男女ともに臀部が肥大している印象です。

あとは周知のとおりですが
フォームによって対象筋への負荷の比率など変わるので
筋肥大させていく上ではそのあたりも重要です。

この記事を書いた人

TOMOAKI

2021年度JBBFジャパンオープンクラシックフィジーク168cm以下級準優勝など数多くのコンテストで優れた成績を残し続けており、2022年度から正式にmaison de FLEXER所属のパーソナルトレーナーとして指導中。KONDOやKAMEYAMAより常日頃から様々な知識を供給されそれを活かしてオンラインコーチングで月当たり約30名を指導している。