〇〇痩せトレーニングという矛盾

KONDOです。

SNSでとあるサムネイル画像に目がいって
動画を見ていたら面白かったので
それをもとに色々と記述していきたいと思います。

Youtubeあまり見ない見ないと言ってはいるものの
やはりマーケティングとかでも主戦場の1つですから
割とSNS上で目に入っちゃうんですよね。笑

体験申し込み者増えています!!!
予約枠には限りがありますのでお早めに。
とは言ってもトレーナー3名居ますので
まだ大丈夫ですけどね!

過去記事ピックアップ

よく覚えておいてください。
エビデンスなんて発信側の都合の良い様なものを
割と探し漁って掲載することが容易です。
より高次なものになれば信ぴょう性はありますが
ほとんどが1つの意見程度です。

無知は恥?いや騙すはゴミ

LEMON GYMさん

ということで目がいったサムネイルはコチラの動画です。
サムネイル+タイトル文ですかね!笑

「二の腕痩せ」「脚痩せ」「背中痩せ」みたいなワード、
パーソナルジム業界でも多用されていますね。
我々からすればそういう文言を見たところで
さすがにもうスルーですけど内心では
「ま~た言ってるわ~」くらいですかね。

特定の部分の脂肪酸を放出させることは無理ですから
=部分痩せは基本的には出来ない

と考えることは自然です。 これ↑覚えてくださいね。
ほんとうに少し譲歩しても多少効率が上がるかもね、程度です。

動画内でも面白分かりやすく仰っておりますが
「ヒップアップしたいからお尻のトレーニングをする」
「でも二の腕は痩せたいから二の腕のトレーニングをする
・・?」
という矛盾がめちゃくちゃ蔓延っているんですよね。

なので分かりやすく言うとですね
〇〇痩せ なんて文言は嘘
です。

でしたらスクワットやデッドリフトでケツをしばきあげても
ケツはみるみるしぼみフラットになるということです。
我々のお尻は絶壁でしょうか。

騙しているのかどうなのか

例えば油そばとかの原価を考えると面白くて
ラーメンってスープがやはりコストがかかるようで
スープの無い油そばやまぜそばは
原価コストがそこまで高くないということになります。
某油そばのNOトッピングの状態で並盛時の1杯は
原価数十円だそうです。
それを800円とかそこらで売っていますから
おおよそ10%が原価率になりますね。
あとは儲けということです。
一般的に飲食店の原価率は30%前後ですから
かなり抑えられていることが分かりますね。
※あくまで数字上だけのシンプルな考察です。
※今は知らないよ?

何が言いたいかと言いますと
例えば上記の某油そばの例だと720円の粗利が出ていますが
そこには色々と作り手のメニュー考案や手間賃が入り
価値が発生する訳で普通の商売ですよね。
安く仕入れて高く売る こんなの当たり前ですよね。

パーソナルジム・フィットネス業界で例えるなら
レベルの低い知識・技術も価値がある風に謳って
高い値段で提供すれば大きな儲けになりますし
私から言わせてもらえばそんなパーソナルジムばかりですし
要するに商売上手ということですけども
トレーナーも知識と技術の専門性を高めるだけでなく
集客などなど商人としての技量も求められる訳ですから
別に悪いことじゃありません。が・・・
ただ商人90%専門性10%とか
商人0%専門性0%みたいなトレーナーが
腐るほど存在しているということです。

専門性が著しく低かったり
商人としてのセンスも皆無なトレーナーやパーソナルジムが
どうマーケティングしていくかと言ったら
動画にあるような文言を使ったりする
訳です。
要するに女性客をターゲットにするならば
女性が求めているであろうことを
根拠も理論も無しに謳っているのです。

特定の部位を鍛えることで痩せる
ではなくて
鍛えることで骨格筋量を維持・増加し
エネルギー消費量が少しずつ増加することで
結果的に全体から落ちていく
のです。
痩せる のです。

鍛えた部位が痩せていってしまっては
トレーニー全員がガリガリですよ。

体脂肪は身体全体で落ちていく訳です。
特定の部位だけ特異的に落ちることはありません。


この記事を書いた人