ナッツ!カロリー高いけれど太らないのか?

KONDOです。

先日とある蕎麦屋に行って
そこの店主さんと常連さんの会話が
かっこよすぎて痺れました。

店主

昔は協会に入っていたけれど
そこの人たちは目先の金儲けばかりで
良い蕎麦を提供しようという感覚がなくて
嫌になってすぐやめました。
蕎麦だけで商売していきたいと言ったら
夢見てんじゃねえなんて言われたりもしてね。
良い蕎麦使って良い醤油使って・・・
そういうのが大切なんですよ。

常連

分かる人には分かるから大丈夫。
後からちゃんとついてくる。

Wow. 聞き耳を立ててしまった感じになって
申し訳ないですが勝手に痺れましたね。
そこの蕎麦屋の店主さんは蕎麦オタクってことを
私は知ってましたが内に秘めるパッションを聞いてしまい
余計にファンになっちゃいました。
豊橋豊川蒲郡のおすすめの蕎麦屋はコチラの記事に。

パーソナルジム業界も同じですね。
私の目に映るのは
単なる筋トレ好きがトレーナーを自称して
パーソナルトレーニングぽいことをしている感じです。
この蕎麦屋の店主さんみたいに”オタク”な感じ
言葉は悪いですが1つの物事を追求する
1種の変態性を一切感じないことが99%。
選ぶのは客側なんで良いですけどね。

さて今日はナッツについてです。

ボディメイク・健康の味方??

ナッツっていうと健康に良いイメージありませんかね。
良質な脂質だなんて言われたりして。
実際のところモデルの方々も食べていると公言していたり
パーソナルトレーナーや管理栄養士も
ナッツ、特にアーモンドを推奨することが多いですね。

世界16の国で約12万人を対象に行われた
このコホート研究によると

習慣的にナッツを食べている人たち(35g/日)は
ナッツをほとんど食べていない人たちに比べて
循環器疾患による死亡リスクが28%低い

Am J Clin Nutr. 2020 Jul 1;112(1):208-219. doi: 10.1093/ajcn/nqaa108.

ナッツに豊富に含まれる不飽和脂肪酸のおかげですかね。
それが証拠に

RCTのメタアナリシスでも
ナッツ摂取による血中コレステロールの低下
が示されています。

ということで
脂質は脂質でも
良質な脂質であり健康的だと言えそう

ですね。

悪い脂質についてはコチラの記事を参照してください。

カロリー高いけど大丈夫?

A

でもナッツってカロリーめちゃくちゃ高いですよね?

その通りですね。よく薦められるであろう
アーモンドを100gで見てみると
アーモンド600kcalと非常に高いことが分かります。

ヨーロッパ10の国で約37万人を対象にして
行われた前向きコホート研究を参照すると

ナッツの摂取とその後5年間における
体重変化に関連性なし

Eur J Nutr . 2018 Oct;57(7):2399-2408. doi: 10.1007/s00394-017-1513-0. Epub 2017 Jul 21.

ナッツ摂取量が最も多い人たちは
ナッツを摂取しない人たちに比べて
体重増加は統計学的に小さい

Eur J Nutr . 2018 Oct;57(7):2399-2408. doi: 10.1007/s00394-017-1513-0. Epub 2017 Jul 21.

確かにナッツはハイカロリーですが
ナッツを食べる=太る という根拠はなさそうです。
逆に健康にもよく体重増加を抑える可能性も・・
って感じでメリットが大きいです。

ナッツはハイカロリーではありますが
不飽和脂肪酸やたんぱく質、食物繊維など
満腹感を与えやすい食材と思われます。
故に間食でお菓子などを食べることや
食事の食べすぎなどを抑えられ
結果的に体重減少の傾向になりやすい

と個人的には思います。

まとめ

ナッツを食べることの恩恵は非常に大きそうです。
無添加・無塩のナッツを
1日に30g前後食べると良さそうですよ。

この記事を書いた人