パーソナルトレーニングのつれづれ

こんにちは。odaです。

今回は長い目で筋肉を育む気持ちで
体験に来れられたお客さんを例にあげて
ブログを綴っていこうと思います。

お客さんの例

年齢は40代
運動経験は全くなし。
学生時代は文化部に所属して
社会人になっても運動とは無縁の人生だったそうです。

フィットネスジムに通ったこともなく。
運動自体はまったく行なって来なかった。
トレーニングの目的は体力、筋肉をつけて
生活の質を高めていくこと。

また、運動プログラムやフォームの修正、
負荷の調整に関しても一から学ぶつもりで
頑張っていきたいというご要望も頂きました。

そして、このお客さんの考え方に
odaは感服致しました。

それは、短期間でという考えはもっていなくて、
どんだけ時間がかかってもいいから
時間をかけて筋肉を育んでいきたい。と。
このお客さんの考え方が素晴らしいなと思うのは
短期的な目線ではなく長期的な目線でということです。

筋肉を育むためには一長一短では
いかない事は多くのトレーニーも
経験していると思います。
この人の身体すげえーっていう方であろうとも
長く地味に継続を続けたその結果が
その身体を手に入れることができます。
どうしても短期間で変わりたいと思うのは
人間だれしも思います。

このお客さんはあえて険しい道を選ぶ選択をしました。
地道な道ですが、
そのお客さんの心にODAも寄り添えるように
これから頑張ります。

おまけ

トレーニーあるある。
トレーニングを始めたときは
すべての動きに対しての刺激が真新しく、
ビギナーズラック的な
感じで大きく変化を遂げる事があります。
ただ、ビギナーズラックには終わりがあり、
その期間を超えた後、伸び悩んで
自暴自棄になり、そのままトレーニングを辞めてしまう。
あるあるです。

その他のトレーニング記事はコチラ




この記事を書いた人

ODA世界観

NSCA-CSCS
健康運動指導士
健康運動実践指導者

パーソナルトレーナーとして年間で2000件近く指導してきて、豊橋市内での指導件数は一番多いのではと自負があります。それが経験として活き十人十色の骨格・体力を瞬時に認識して適したトレーニング指導ができます。
NSCA-CSCSの資格を取得して以来は、ウェイトトレーニングばかりではなく身体の柔軟性や動かし方などのコンディショニング面の改善意識も強く持つようになりました。ボディメイクはもちろんのこと、姿勢の意識をはじめとする腰痛や肩こりに対してアプローチし身体の不調を整えながら楽しくトレーニングを行えたらと思います。