カフェインはダイエットを手助けするか?

KONDOです。

相も変わらずInstagramというのはネタの宝庫です。
何を根拠に発信しているのか
定かではありませんが無根拠で目に留まりやすい
大胆な見出しとキャプション画で
ビュー数だけを稼ごうとしているのが見え見えです。
いや、彼らはそれを知識とし正しいと思っているのか・・・

知っている人もいますが
私はカフェイン中毒者であります。笑
ダメだと分かっていても左手にコーヒーを何故か
持ってしまっているのですよね。。。

カフェインについてはこちらの記事を。

今日はカフェインと脂肪燃焼について、です。

ダイエット効果?

とりあえず我々が”体脂肪”と認識している脂肪は
いわゆるエネルギー源であります。
ともすれば身体がそのエネルギーを使うために
体脂肪が分解することを脂肪燃焼と比喩している様です。
ちなみにですが体脂肪1kgあたり約7,200kcalで
計算するのが一般的ですが実際は水分を含むので
もう少し少ない
というのは豆知識です。

Caffeine is frequently added to dietary supplements with claims it facilitates weight loss.

カフェインは頻繁に減量を促進するとしてサプリメントに
よく含有されているというのがこの研究の背景です。
「カフェインは食欲を抑制し摂取量を減らす効果が有る」
という仮説を検証しているのがこの研究です。

結果としては食欲感覚に有意差は出なかったということで
仮説は否定、ということになります。

過去に記述しているカフェインについての記事でも効果として
脂肪燃焼は一切触れられておりません

過去に記述しておりますが
脂肪燃焼サプリメントという類の製品には
効果を裏付けるエビデンスは一切ありません。

脂肪燃焼を謳うサプリメントについては
上記リンク先にてご確認ください。

ということで結論は出ています。
脂肪燃焼サプリメントには必ずと言っていいほど
カフェインが含まれておりますが
脂肪燃焼サプリメント自体が否定されていますので
効果が無いということですね。

まとめ

ダイエットの方法としてコンセンサス的には
何度も言っておりますが
エネルギー摂取量<エネルギー消費量
が大前提となっております。

ということでエネルギー摂取量の減少を手助けできない
ならばカフェインにダイエット効果はない
と言えますね。

カフェインに脂肪燃焼効果があるかどうかという点において
カフェインを摂取→脂肪が分解
の構図が成り立たない以上、効果が有ると言えません。
カフェインを摂取し運動パフォーマンスが向上し
運動量が増えエネルギー消費量が増加するから
体重が減少する傾向になりやすい
というイメージが最適解となります。

カフェインにダイレクトなダイエット効果はありません
あるならばカフェイン中毒者の私は超低脂肪です。←

頭の悪そうなインフルエンサーたちが
自身のつくろった顔面とともに
チャコールコ〇ヒーというダイエット食品?を
Instagram等でステマしておりますがアホ極まりです。
挙句の果てには1食を置き換えするとご覧の効果・・と。
いや、エネルギー摂取量の著しい減少のせいであって
その製品の恩恵ではありません。

とにもかくにもダイエット食品・サプリメントに
効果はありません。浪費、やめましょう。

この記事を書いた人