単純に理解してしまうとダイエットが複雑になる

KONDOです。

1/4より通常営業再開しております。
再開と同時に体験申し込みも連続してあり
パーソナルジムとして好スタートを切れました。

今後も正しさや質を求める方
必要とする方に届くように精進していきます。

さて、今日は単純なことを複雑にしている
そんなことが多いのでそれに触れたいと思います。

正月太り?

正月太り」というワードを聞きますね。
正月っていう修飾詞がついているだけで
単純にエネルギー収支の余剰が起きているだけ
です。

つまりどういうことかというと理論的に説明すれば
仕事が休みになりあまり比較的動かなくなり
エネルギー消費量が落ち込み
家での間食や外食の頻度が増すため普段よりも
エネルギー摂取量が多くなるため
エネルギー収支が+(余剰)が普段より起きやすい
ただそれだけのことです。

なので普通の生活に戻ってある程度食生活も
正されれば割とすぐに戻りますので
特に正月太り解消としてやることはありません
よ。
普通で大丈夫です。
一番大事なのはダラダラしないことですね。
仕事が始まったらしっかり切り替えることです。

仮にあまりアルコールも揚げ物も摂取しておらず
餅を沢山食べてしまったという人は
単なるグリコーゲンの貯蔵になっている感覚でOKで
寧ろ今年のボディメイクの好スタートをきれるかもしれませんよ。
ちなみにグリコーゲンは寝て起きると半分近く消えます。
なので糖質は食生活上普通に炭水化物を
しっかり摂取して過ごせるとよいですね。

特定のダイエット法

正月太り解消などの様に
普通に戻せば元通りになるレベルの話を
特別かのように思いがちですけども
特に努力は必要ありません。

さてこんな感じで単なるエネルギー収支の変動で
体重増加が起こっているだけなのを
何か特別かの様に錯覚が起きている方が居ますが
他にもこういったことはこの業界に多いです。

現在のコンセンサス的には
エネルギー摂取量<エネルギー消費量 であれば
痩せる
というものは前より何度も記述しており
糖質制限だとか脂質制限だとか
その他もろもろのダイエット方法は
これ全部特にどれが優れているとかはなくて
”痩せる(体重減少)”に焦点をおけば
どれも差が無いというのが結論
です。

そういえばナッツが脂肪に変わりにくかったという
論文を用いて「カロリーはカロリーじゃない」的に言って
SNSで集客してオンラインサロンに流している
なんちゃら生命栄養研究みたいな人が居ました。
騙される人も騙される人ですけど
こういう人って金儲けのセンスはあっても正義が無いですね。

毎年毎年風変りなダイエット法が生まれます
ちなみに●●メソッドみたいなダイエット法も
どれもこれもエネルギー収支に起因するだけなので
どれも眉唾物でございます。
どれも何かが抜かれた分そのエネルギー量が減る
または代替食品のエネルギー量の差し引き分量で
エネルギー収支が-になるだけのこと
です。

例えばパンやパスタなどの小麦製品を
頻繁に摂っていた人が居たとして
その人がそれらを絶って仮に玄米に変えたとしましょう。
そして体重も減少して痩せたとしましょう。
するとこのダイエット実施者は
「小麦が太らせる原因だった」と言うことがある訳です。
これも実際はパスタやパンなどの様に
食品的に多く量を摂ってしまいがちな食品だったり
カロリーが少し高めだった食品だったりして
それが低カロリーな製品に変わったため
エネルギー収支が以前よりマイナスになっただけのことです。
また、パスタとパンそして代替した玄米の
エネルギー量を均一にしていたないため
小麦=太る要因だった と結論出来ないのです。

↑この段落に記載されていることは
今後情報を取捨選択していく上では
重要なことであります。今後はご注意を。

この様に単純に解釈して結論を急ぐ人が
たくさん居てそれに目を付けるエセ指導者が多い
状況なのが今ですね。

メリットしか見ていない?

ここまで書いてきた文で分かるように
理論も根拠も無いような知識と呼べぬエセ知識で
無知な素人を喰い物にしているのが
Instagramを見ていると目につきます。

例えば「水をたくさん飲め」という感じで
ダイエット指導している人が多く居ます。
特に冷水を飲むと体温を保とうとして
代謝が上がり痩せやすい的な文を見ました。

では単純に計算してみましょう。
コップ1杯200mlの5℃の水。
一般的に人間の体温は36.5度くらいですよね。
すると差は31.5°となります。
水1mlの温度を1℃上げるためには
1カロリー必要としますから
200×31.5=6300カロリーです。
キロカロリーに換算すると6.3キロカロリーとなります。
これをよくいわれる2リットルでしたら
×10となりますので63キロカロリーとなります。
エネルギー収支の誤差が起きれば相殺されるレベルです。

じゃあこの63キロカロリーすらも脂肪燃焼効果と呼び
メリットだとするのであればデメリットはなんでしょう?

2リットルばかしじゃあまり心配は要りませんけれど
水の飲み過ぎは水中毒や腎臓のろ過機能の障害、
消化器官の障害が起きます。

「水をたくさん飲めば痩せるんだ~」って
単純に解釈してダイエットしたい人が
毎日大量の水を飲み始めたらどうしますか。
って感じですよね。

まとめ

もう困ったら我々に聞くか当ジムのブログを全部読んで
知識をインプットしてください。←




この記事を書いた人