話題になった上腕三頭筋の件

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
今回は、Twitterで話題になった、
論文のご解釈について記事にしていこうと思います。

事件概要

とある有名YouTuberがTwitterで、
下画像のようなツイートが火種です。

このツイートに博士号取得者が賛同し、
某先生が対立側として意見が割れた件です。
2年前のツイートとはいえ、
筋トレ界隈どこでも火が付くのは面白い。

件のコラムはこちらです。

論文のリンクも張り、さもまともに見えるような構成にはなっています。

コラムでは、大胸筋、上腕二頭筋は低重量、高回数。
上腕三頭筋は高重量、低回数が効果的だった。
30%1RMとか25~35レップスとか聞くと、
「本当にそんな低重量・ハイレップスで効果があるの?」と
ビックリするかもしれない。
今までの常識からは考えられないことだが、
最近の研究結果からして「筋肥大の効果はある」と断ぜざるを得ない

実際の論文の方では、
   上腕三頭筋:大胸筋
75%1RM 11.9%:17.6%
30%1RM  9.8%:21.1%
両プロトコルとも筋断面積の増加は同程度であった。
高負荷のレジスタンストレーニングが筋肥大の重要な決定要因として、
外部負荷の割合に注目することは、単純すぎることを示唆している。
この結果は、筋肥大の重要な決定要因として、
外部負荷の割合に注目することは、
あまりにも単純で不適切であることを示唆している。

この赤文字は論文そのままに、
引用しています。
単純で不適切までしっかりと、
”Conclusion”結論に書いてあります。
ただ、今までの常識からは考えられないことだが、
最近のとある人は研究結果も歪曲して、
「自分の書きたい内容に変化させていく」と
断ぜざるを得ない。

つい最近もありましたね。
live〇oorNEWSの件でも。
(リンク先→筋トレをやり過ぎると死亡リスクが高くなる
このように論文を引用したとしても
情報発信者の書きたい内容に
変化することもあります。
もちろん、当ジムのブログも同じです。
信用し過ぎないようにしてください。
引用があるならば引用もしっかりと確認するべきです。

まとめ

まず、第一今回のような筋トレ系の論文はn数が少なすぎます。
そして、人間は民族における筋肉の質も違います。
筋力、筋肥大、パワー。
速筋、遅筋の違い。
要因は様々あるのに論文引用、で「断ぜざるを得ない」のような
表現を使う人がいるとは到底思えません。
なので、その時点で疑ってかかった方がいいと思います。

本当に楽しい筋トレ界隈。
当ジムでも論文を様々引用していますが、
絶対的な100%の答えに辿り着いているわけではないのです。
過信し過ぎないというのも重要にはなりますが、
無視し過ぎるというのも根拠が無く信憑性に欠けてしまうので、難しい所ではあります。

大事なのは文章をよく読むことです。

過去おすすめ記事
過去おすすめの考察記事まとめ

この記事を書いた人

KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。