βーアラニンの体組成への効果について

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
今回はβーアラニン補給が体組成への効果についての
論文を引用していこうと思います。

論文

βーアラニン補給が運動パフォーマンスに
有益であることが示唆されているが、
体組成への効果に関する現在のエビデンスは依然として不明である。
この論文では身体組成指標に対するβ-アラニン補給の効果を
調査することを目的とした。

492人の参加者を含む20件の研究が適格であった。
1.6~8.4g/日の量のβ-アラニン補給が体組成指標を改善するかどうかを判定することであった。
全体として、β-アラニンの補給は、体格、脂肪量、BFP、および無脂肪質量に有意な影響を及ぼさなかった。
投与量(6g/日以上または6g/日未満)、試験期間(8週間以上または8週間未満)、
運動タイプ(レジスタンス、持久力、複合トレーニング)に基づくサブグループ分析では、
β-アラニン補給後の身体組成に有意な変化がないことが示された。

結論、β-アラニン補給は体組成を改善せず、
研究期間、β-アラニン投与量、異なるトレーニングタイプに
基づくサブグループ解析は、観察された結果を変えることはなかった。

今回のシステマティックレビューとメタ分析に含まれるすべての研究は3ヶ月未満であったため、
知見を拡大するためには、さらに長期のRCTが必要である。

まとめ

ちなみにβーアラニンの運動能力、パフォーマンスへの効果についての論文はこちらです。

EAAの先生のところは脂肪燃焼謳ってた気がしますが関係ないみたいですね。
運動パフォーマンス向上からの間接的に
消費量増加などでシェイプアップなどに
効果があると言うならば炭水化物摂取も
シェイプアップに繋がると同じじゃないですかね。

痩せるサプリメント系は頭悪い人が飲むものと思ってください。

過去おすすめ記事
身体の左右差はNGなのか?

この記事を書いた人

KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。