クライアントさん階級優勝!

こんにちはTOMOAKIです。
オンラインコーチングでは
ポージングのみの指導も行っており
今回はポージングコーチングを受けていただいた
クライアントさんの大会結果と合わせて
ビフォーアフターを紹介していきます。

出場されたのはマッスルゲートの愛知県大会の
メンズフィジーク新人176cm超級で
結果は見事優勝されました。

どんなに頑張って準備して出場しても
1人の優勝以外は負けという厳しい競技、
本当におめでとうございます!

メンズフィジークのポージングについて

メンズフィジークは規定4ポーズで
他選手と競い合います。

ボディビルと違い、
筋肉を強調する様な
力みはなるべく入れず、
リラックスした立ち姿の中に
筋肉の広がりだったり、
爽やかさを表現します。

簡単そうに見えて実は非常に難しい。
色んなポイントやテクニック、練習が必要です。

ビフォーアフター

今日は規定4ポーズの中でも
特に難しいとされる(TOMOAKI調べ)
サイドポーズとバックポーズの指導前後の
比較写真を紹介します。

こちらのサイドポーズの左側のビフォーからは
強そうな印象でしたがどこか固さを感じます。

一方右側のアフターでは固さがとれ
爽やかでカッコいい上に
筋肉の形や絞りもしっかり見えます。
練習の成果で大会当日のサイドポーズは
ピカイチでした。

バックポーズの左側は左右でばらつきが
大きく全体的にボヤっとした印象でしたが
右側の大会直前には左右差もだいぶ埋まり
背中のぼこぼこ感も増しました。

どのポーズも改善され
もともと鍛えられていた身体のポテンシャルを
十分に発揮されました。
本当に優勝おめでとうございます。

細かいポイントやテクニックは
パーソナルやオンラインコーチングにて
指導しております。

関連記事:ぎこちないフィジークポージング

この記事を書いた人

TOMOAKI

2021年度JBBFジャパンオープンクラシックフィジーク168cm以下級準優勝など数多くのコンテストで優れた成績を残し続けており、2022年度から正式にmaison de FLEXER所属のパーソナルトレーナーとして指導中。KONDOやKAMEYAMAより常日頃から様々な知識を供給されそれを活かしてオンラインコーチングで月当たり約30名を指導している。