過食が無くなり見事ダイエット成功

こんにちはTOMOAKIです。
今日はオンラインコーチングで食事指導を
受けていただいたクライアントさんの
ダイエットについて紹介していきます。

関連記事:大会に向けた減量紹介

基本情報

  • 男性20代後半
  • 身長168cm
  • 体重75kg
  • 外の仕事でよく動く
  • 週4回トレーニング(1回60分ほど)
  • 期間は半年弱

過去に極端な低カロリーダイエットを行い
筋肉もだいぶ落ち、ガリガリになった経験があるそうです。

それから数年は過食気味でなかなか痩せることができず、
食習慣の改善、食事を見てもらうことでの過食の防止

目的に食事指導を受けられました。

ビフォーアフター

ビフォーが一枚目、アフターが2枚目です。
75.6kgからのスタートで半年かけて
64kgを切るところまで着々と体脂肪を落としていかれました。
スタート時とは別人の様で素晴らしい成果です。

ダイエット経過

結構お酒も飲まれるとのことで
お酒のエネルギーも含めて
最初は2,000kcal程を目標

ダイエットに取り組んでいただきました。

細かい食事内容はコーチングを進めていきながら
少しずつ修正という流れで開始しました。

たんぱく質や糖質は良く摂れていましたが脂質が低くなりがちでしたので
その辺を追加したりしながら進めていき

最初の1ヵ月で88cmあったウエストが84cmまで落ち
非常に順調にダイエットが進んでいきました。

以前の様な過食に走ることもなく
空腹感もそこまで感じないという感想をいただきました。

エネルギー収支が500kcalを下回らないように
ある程度食べながらダイエットしていくことで
極端な疲労感や猛烈な空腹感は避けれている印象でした。

2ヵ月が過ぎる事には本人も見た目の変化を自覚され、
また乱れた食生活と過食が改善されて非常に嬉しいとのことでした。

途中ダイエットブレイクで2200~2300kcalで過ごす期間を挟んだり、
居酒屋で外食などちょこちょこ挟みつつ、
本人のがんばりのおかげでするすると体重が落ちていき、
6ヵ月目には体重が約12kg、ウエストが15cm減少しました。

最後に

今回のクライアントさんは
お酒を飲んだ翌日や外食翌日など
日によって体重の変動はありましたが
・次の日からも焦らず坦々と減量を継続されたこと
・時々外食をいれつつリフレッシュを挟んだこと
・減量を長期スパンで考えられたこと

・適切なエネルギー収支を守ったこと
などが半年近い減量を成功させた秘訣かなと思います。

当初の目的であった筋量をなるべく残してのダイエット、
過食の防止、食生活の改善は本人のがんばりあって、
見事全て達成されました。
おめでとうございます!!

忘年会シーズンから年末年始は食べる機会が多いため
一旦ダイエットはお休みされ、また1月中旬ごろから
腹筋がくっきり見える体脂肪率を目指して
引き続きダイエットされるそうで今後も楽しみです。

食事指導は基本的に毎日食事の報告を行い
フィードバックが返ってくるので、
管理されているからちゃんとしないと!的な力が働いて
食事のコントロールが効く人が結構います。

1人だとついつい甘くなってしまう方や
途中でやめてしまう方なんかに特に向いてるなと感じます。

この記事を書いた人

TOMOAKI

2021年度JBBFジャパンオープンクラシックフィジーク168cm以下級準優勝など数多くのコンテストで優れた成績を残し続けており、2022年度から正式にmaison de FLEXER所属のパーソナルトレーナーとして指導中。KONDOやKAMEYAMAより常日頃から様々な知識を供給されそれを活かしてオンラインコーチングで月当たり約30名を指導している。