足首の固さとスクワットの動き

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
今回は、足関節背屈可動域制限がスクワット時の
下肢運動と筋活動パターンに及ぼす影響について調べた
論文を引用していこうと思います。

論文

この論文では足関節背屈可動域の制限がスクワット時の
下肢の運動と筋活動(EMG)に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。

対象者は下肢の損傷歴がなく、健康でレクリエーションに積極的な30名である。
方法は足底屈筋の柔軟性低下を模擬するため、
前足部の角度を12°としたウェッジなし条件(NW)と
ウェッジ条件(W)の2つの条件で、各参加者が両脚スクワットを7回試行した。

結果としてNW条件と比較して、ウェッジはピーク膝屈曲および膝屈曲伸展を減少させる。
一方で、ピーク足関節背屈、足関節背屈伸展、膝バルガス角ピークおよび膝内側変移を増大させることができた。
W条件では、NW条件と比較して、外側広筋および内側広筋の活動が低下し、ヒラメ筋活動が上昇した。
股関節のキネマティクスには変化が見られなかった。

結論、両脚スクワット時の足関節背屈開始位置を変更すると、
膝関節のバルガスと内側変位が増加し、
大腿四頭筋の活性が低下し、ヒラメ筋の活性が増加した。
これらの変化は、膝蓋大腿部痛の人に見られる変化と類似している。

まとめ

疑似的に作った可動域制限と
日常的に可動域がない人では、
全身の動きに変化が出てしまうんですけどね。

ただ、足首の動きはかなりスクワットに影響出ますね。
足首動かないと足底感覚にも影響を与えますし、
膝、股関節にも影響を与えていきますので、
可動域を出しておくのはかなり重要かなと思います。
皆嫌いなカーフレイズ。頑張りましょう。
アキレス腱も大事なので。

過去おすすめ記事
視線方向がスクワット運動の運動学に及ぼす影響

この記事を書いた人

KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。