長時間のパソコン操作によるトレーニングへの弊害

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
「パーソナルコンピュータ(以下PC)がトレーニング与える悪影響」について
今回は記事にしていこうと思います。

長時間のPC操作により体に起こること

まずは、姿勢について。
これは大抵が猫背になります。
手を前に出して、PCを操作することにより胸筋は縮まり、
背筋は伸ばされ、腰は丸まります。
手を前に出しているだけでこれだけ、全身に影響が出てきます。
意図的に姿勢を正したりすれば別です、
長時間キープできる人はいないでしょう。
筋肉は連動しているため、どこかに異常が出れば
そこから連動して周辺筋肉、全身へと悪影響を及ぼします。
そして、キーボードやマウス操作による前腕の疲労
キーボード操作時は、前腕の回内&手首の背屈が起きています。
手をその状態にして寝っ転がってください。ベンチプレスと同じ状態です。
キーボード操作を続けていると、筋肉の柔軟性が低下し、
肘の靭帯の動きが悪くなり、回内制限と連鎖していきます。
この状態でベンチプレスを行えば脇が開き、肩の怪我につながります。
個人的に問題視しているのは、肘を曲げた続けた状態による屈曲筋の緊張・疲労です。
これは、ベンチプレスの際などに肘に痛みにつながる可能性があります。

対処法は?

大事なのはストレッチです。
仕事でデスクワークの方は、PCから離れることはできないです。
なので、前項の症状は起きても仕方がないとも言えます。
痛みが出たまま放置し、トレーニングを続ければ
痛みが慢性化し、治らなくなる可能性もあります
そうならないように必要なのは、ストレッチです。大事なことなので2回言いました。
肘を伸ばして、手首、指を曲げて反対の手で引っ張って伸ばすなどです。
夜、湯船に入りながらなどやるだけで、腕の疲労具合は変わってくるかと思います。

まとめ

結局ベンチプレスに繋がりましたね。
ウェイトトレーニングは、ウェイトを扱うため、怪我のリスクが高いです。
それを抑えるためには、日常的なストレッチが必須です。
特異的ストレッチだけでは、改善できない可能性が高いため、
日常的に静的ストレッチなども取り入れて怪我なく
トレーニングを行っていただきたいです。

この記事を書いた人

BIG FACE KAMEYAMA

BIG FACE KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。