マシン考察第⑤弾 TUFFSTUFF レッグエクステンション&プローンレッグカール

 KONDOです。
マシン考察第5弾です。
今回はTUFFSTUFF社の製品、
レッグエクステンション&プローンレッグカールです。

高品質?TUFFSTUFF社製品

 パーソナルジムでかなり多くの割合で導入されている
TUFFSTUFF社製品
準業務用ということもありパーソナルジムでは
よく導入されている
のです。
バイオアークシリーズなどを除いては日本にあるモノのほとんどが
準業務用だと思われますのでよく目にするメーカーですね。
豊橋・豊川のパーソナルジム、運動施設などでも
例外なくよく導入されています。
特にパーソナルジムのパワーラックと言えば
コレってレベルです。
基本的にこのパワーラックの拡張機能として
ラットプルダウンやスミスマシンが付けられている所も
ありますね。

パーソナルジムのテンプレート的存在のメーカー
という印象がかなり強いです。

質として耐久性は勿論よく
パワーラックのグラつきはそこまで強くありません。
セーフティやJフックの付け替えもスムーズで
使い勝手が良い製品だと言えます。
ただ拡張機能のラットプルやスミスマシンは
やはり単体のマシンのソレと比較すると劣ります。
ラットですと足場やベンチの位置調整、
スミスマシンですと謎に太いグリップ・・・。

当ジムには2台TUFFSTUFF社製品が導入され
もう1つはラットプルダウン・ロープーリーですが
このマシンはTHE準業務用といった感じ

グラつきや太もものパッドには難がありますね。
その他のレッグプレスやグルートハムレイズ、
プリーチャーカール台、CALGYMシリーズなど
どれもパッとせず可動域に難があったり
負荷に遊びがあったりと微妙な部分が多いです。

いろいろなパーソナルジムがTUFFSTUFF社製品(準業務用のモノ)を
高品質で優れたマシン等HPなどで謳っていますが
申し訳ないですが個人的には全くそうは思いません

TUFFSTUFFを導入したのは当ジムの唯一の妥協点です。

・・・でも!!
このレッグエクステンション&プローンレッグカールは
少しワケが違う

パーソナルジム界隈から評価の高い製品

 このレッグエクステンション&プローンレッグカールは
TUFFSTUFF社製品の日本で取り扱いのある
マシンの中で唯一個人的に素晴らしいと思える
マシン
です。
準業務用ですが業務用の他のメーカーの同類のマシンより
優れているという
パーソナルトレーナー界隈では有名な事実
です。
1台のマシンで2役的なマシンは
どちらか1方に偏りが出ますが残念ながら
これも例外ではなく当てはまって
このマシンの場合はプローンレッグカールに若干
偏りが出ていると言えます。収縮感凄いです。
レッグエクステンションはトップでの若干の抜けを
感じることがあります。

私は過去にもちろんこのマシンを使用したことがあり
同業者からの評価も高いということも
知っていたのでこのマシンは即座に導入しました。
そう、つまり妥協したのはラットプルマシンだけ・・・。

汎用性の異常な高さ

 レッグエクステンションといえば
座位ですと大腿直筋が少しばかり緩むのですが
このマシンの場合背もたれがなく斜めに倒れて・寝て
レッグエクステンションが可能となり
完全に負荷を乗せることができます
いわゆるトム・プラッツ先生のエクステンションです。
古い体育館やジムにはあるかもしれませんね。
ジュラシック木澤先生もレッグエクステンション時に
お尻を浮かして骨盤を前に出してストレッチかけてから
収縮にかかっていますが背もたれがないので
それがいとも簡単にできる
ということです。
そしてプローンレッグカールは非常にシンプルですが
絶妙な角度とスタートポジションで誰でもやりやすく
ハムストリングスへの刺激も分かりやすいです。
現行のマシンですとNautilusやHammer Strengthの
モノよりも個人的には優れていると思います。
お客さんの反応もやはりコチラの方が良いです。

実はできることは2つだけじゃなく・・・
少し工夫は必要なのですが

  • ヒップスラスト
  • シーテッドカーフレイズ
  • プルオーバー
  • フロントレイズ

ができます。
汎用性の高さが分かると思います。

お客さんからの評価も素晴らしい

 あまりよろしくないレッグカールマシンですと
脹脛が攣ったりハムストリングスの遠位のみが
痛くなったりするのですがコレは
ほとんどの人が強く全体的にハムが刺激されることを
身をもって感じるようです。
カールの刺激が分かりやすいというのはメリットですね。


この記事を書いた人