才能は開花するのか?

すっごい身体をもつ人っていますよね。
SNSや動画を見た筋肉質や
自分の目で見た美しいと思える体を見たときにうわっ
凄いと思いますね。
そして不意にこんな言葉を耳にします。

卑屈人

「あの人は生まれたときから才能があるから特別」

「僕には才能が無いので努力しても無駄」

上記の様な言葉って、
不思議と自分自身が卑屈になっている時によく出ませんか?

元気元気ODA

今日は調子いいから何も思わないツツ。元気!元気!!

卑屈ODA

絶望。。僕なんて、、、

この考え方が今後大きな差になります。
才能とはググってみました。

先天的な才能は存在するのか

これは能力という言葉の定義にもよりますが、
生まれた時の先天的に与えられる能力というのは、
個人としてハンデはあっても今後、優劣を決定づけるものではない
と考えています。

そもそも骨格や体質は
先天的な個人差が最も顕著に表れ、
これはスポーツにおいては
一定のハンデになる場合があります。

特にまだ小さいころは
身体的な成長期が早いか晩成かによって、
競技の結果などに大きな影響を与えるでしょう。

ただ確実にいえる先天的な要素と言えるのは、
親からの遺伝の影響を大きく受ける身体的特徴のみだと思います。

それ以外のものは日頃の生活ので感じる
成長の中で変えていける部分だと認識しています。

逆を言えば身体的な成長期の違いが
過信や劣等感に繋がることにより、
将来的な能力の伸びに悪影響を与えてしまう
リスクもあります。
これは、両方の局面から注意が必要です。

環境が能力を劇的に変える

物事の結果や勝敗を決めるのが能力なら、
能力を如何に伸ばすのかが最も重要です。
その能力に影響を与える大きな要素が、
そのひとの性格と環境だと考えています。

例えば、
スポーツ選手のお子さんがスポーツの優等生になりやすく、
有歌舞伎界の子供が歌舞伎界で花咲けるのは
体格や体質、面白さの遺伝以上に、
そのメンタリティの影響を家庭教育の中で受け、
それが、当たり前のようにスポーツや芸能界の
最先端の情報が入る環境が大きいと思っています。

他にも音楽の世界はより顕著で、
音楽や楽器に触れる家庭環境で育った
子供の耳が優れているのは、
明らかに環境による影響です。
天気、季節によって流す音楽を
変えるような家庭で子供が育てば、
音楽に対する感性が豊かになるのは当然ですよね。

なので僕としての考えとして
能力は、もともと持つ才能に環境を加え、物事に費やす時間を確保する
組み合わせることが大事になってくると思います。

費やす時間に対しての捉え方

もともと持つ才能に環境を加え、
物事に費やす時間を確保することで
能力を上げることができると表しましたが
費やす時間とはいわゆる努力のことです。
この努力を努力と感じずに取り組めるかも重要です。

そこにはその人の性格も関わりますし、
指導者や周りの存在も影響するでしょう。

当然、費やす時間は身体的にかかる負荷を
長時間かければよいというわけでもありません。
適度な負荷を与え繰り返し継続することが大事です。
継続する中で、過程を楽しんだり探求したり、
自由気ままに向き合う時間や
休息や栄養摂取などの間接的な影響を与える取り組みを
適度に組み合わせることで費やす時間の質が爆上がりです。

才能は先天的な要素の一つに過ぎない

さて、最初の話に戻りますが、
よくありがちなこととして
全てを捧げたのに勝てない相手がいる
もしくは努力する(楽しむ)姿が見られない
という事実から才能がないと嘆く姿です。

それは多くの人が
元々持つ才能と費やした時間によって自分の能力が決まると
思い込んでいるからでしょう。


もっと自分がおかれている環境や、
費やす時間の質に着目してほしいと
感じることが多々あります。

才能(先天的な特徴)なんて、
たった一つの要素でしかないのですから。
他の要素で盛り返しましょう。
あきらめなければ今からでも充分遅くないはずです。

もう1つ大事な要素

上記に挙げた以外の要素で大事なもの。
それは自分自身の性格です。
もちろん、自分自身の性格も
家庭環境などの影響を大きく受けます。
しかし、環境だけでは説明のつかない部分も大きいと感じています。

小さなお子さんの前に
野球ボールやバットやサッカーボールがあった時、
親の職業や願いとは全く違うものに
興味関心を持つことはよくあること。

飽き性だったり、
好戦的だったり探求心が強かったり、
親の性格や環境だけでは
説明のつかない個性を持つ方が多く居ます。
この性格が、費やす時間の質に影響を与えます

例えば、修行を苦痛と感じていなかったり、
暇さえあれば研究・探求していたり、
どんなことにも挑戦する性格が関連する
様々な能力を上げていたり、
明るく人懐っこい性格のおかげで
周りからのサポートしてもらえたり、
その人の性格によって
できることあるはずです。

だからこそ身近に能力の高い人がいたら、
才能があると羨んで卑屈になるのではなく、
学びに変えましょう。

その取り組む姿勢にこそ、
能力に秀でる理由が詰まっています。
考え方を変えれば、そういった人間が
身近にいることは幸運でしかありません。
環境を変えることで費やす時間の質も変えられる。


そういう意味で私は
才能は重要な要素だがそれが全てではないと考えています。

環境を変える場所として

また、パーソナルトレーニングでは
環境の面からのアプローチが可能です。

その環境下の中で思いっきりやることをやって
自分自身の体と向き合うことで
自分の能力を高められる時間になるでしょう。
才能を開花させるのは費やした時間と環境ですから。
一歩。まず一歩。

パーソナルを始めたいという方はコチラ

この記事を書いた人

ODA世界観

ODA世界観

NSCA-CSCS
健康運動指導士
健康運動実践指導者

パーソナルトレーナーとして年間で2000件近く指導してきて、豊橋市内での指導件数は一番多いのではと自負があります。それが経験として活き十人十色の骨格・体力を瞬時に認識して適したトレーニング指導ができます。
NSCA-CSCSの資格を取得して以来は、ウェイトトレーニングばかりではなく身体の柔軟性や動かし方などのコンディショニング面の改善意識も強く持つようになりました。ボディメイクはもちろんのこと、姿勢の意識をはじめとする腰痛や肩こりに対してアプローチし身体の不調を整えながら楽しくトレーニングを行えたらと思います。