ボディメイクに必須な要素。運動不足と睡眠の関連性!

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
今回は睡眠不足と運動の関係性について
論文を引用していこうと思います。

論文

まず、睡眠不足の影響として
ホルモンバランス、代謝への悪影響、
筋グリコーゲンの貯蔵量の減少、
病気への罹患率の上昇、
うつ病やネガティブな気分との関連、
学習、記憶、判断能力の低下、
これらが悪影響として挙げられます。
また、長期的な睡眠不足は
神経機能を低下させ、
運動パフォーマンス、適切な認知処理にも
悪影響を及ぼします。
睡眠不足は、緊張、怒り、疲労、混乱、
過敏性、ビクビク感、眠気が統計的に有意に増加し、
活力、エネルギー、自身が減少する事が分かっています。

今回の研究内容は、
スタンフォード大学のバスケットボール選手を対象に
技術、スピード、気分を評価した。
4週間の通常睡眠(平均6,7時間)をベースラインとし、
5~7週間で睡眠を増やすようにした。(平均8.5時間)
結果としてフリースローシュート、スリーポイントシュート、
スプリントタイムの短縮などの有意な改善が見られ、
疲労度、眠気の尺度、気分などにも改善が見られた。

他にセミプロテニス選手を対象とし、
睡眠不足(5時間~7.5時間)に陥ると、
サーブの精度などが低下した。

同様に大学のテニス選手を対象とし、
1週間2時間睡眠延長により、
サーブ精度、スプリントタイムなどが改善された

睡眠時間が最適でないと、
神経機能が損なわれることを示唆している。
一方、睡眠時間が改善されると、
神経機能が改善され、パフォーマンスが改善される。
睡眠時間の延長はパフォーマンスを向上させます。
機能改善には昼寝でも改善がみられる。

運動していく上では、
しっかり寝ましょうという話です。
こういった話の際、
では何時間寝ればいいのか?となりますが、
「分からん」が答えです。
人によっての差があるため、
明言出来ないことが多いです。
とりあえず気持ちよく起きれるぐらい寝ればいいです。

まとめ

筋肥大、ダイエットにも睡眠は必須です。
食事を気を付けるように、
睡眠にも気を付けないと、
どちらも上手くいかないです。

睡眠とダイエットついての他の記事はコチラ

この記事を書いた人

BIG FACE KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。