身体に良いものが好きな人へ

KONDOです。

先日お客さんとの会話で

お客さん

私の上司が「米は危険だ。食べるな。」
って言ってました。
別に危険じゃないのにって思って

その場は流して聞いてたんです。

KONDO

ほお。面白いですね。
その人って何も疾患持ってません?

お客さん

あ!脂肪肝って言ってました。

・・・とこんな感じの会話があったんですよ。
米に限らず○○(食材)は危険って
言い切りは寧ろその発言者が危険です。

ということで今日は
物事の一部だけを切り取って
解釈してしまうことは危険ですよって話。

過去記事ピックアップ

買って良かったクラシックなマシンです。
広背筋はググーっと伸ばすことが
非常に大切です。
多くのマシンが中途半端な可動域になって
広背筋の伸長が不十分なモノばかりですが
これは非常に優秀です。やれば分かります。

色々な状況を考えよ

そもそも
言い切り表現というのは
色々な状況を考慮できていない稚拙な発言

とみて良いです。
何事も「if」を考えなければいけません

今回のような「米は危険」というワード,
私の頭の中ではこれらが瞬時に浮かびます。

  • どういう機序で危険になるのか
  • どくらいの量で危険となるのか
  • 危険だと身体はどうなるのか

などその危険に至るまでの機序が知りたいですね。
この様な発言者には根拠を提示する義務があります。
基本的にこれらの発言を軽率にする方には
何の根拠も持たずよく分からない迷信に
誘われ彷徨える方か,
結論だけ把握して端折ってしまう方です。

過去のブログでも記述しましたけれども
不安を煽って消費者から金を搾取するのは
非常に良くない
ことです。

条件を考えよ

要するにそのリスクが生じる条件
を考慮しなければいけません。

「米は危険」というワードに対して推測するに
食べ過ぎ(糖質過多)による様々な弊害の事
指していると思います。

例えば,「糖質を摂ると老ける」の様な表現は
「老ける」ことが弊害(危険)とするのであれば
「(過度に)糖質を摂ると老けるかもしれない」
といったように(過度)が除外されています。
正確には,
「糖質過多になると余剰分が様々な細胞に
引っ付き炎症反応を引き起こす」です。
これに関してはコチラの記事
関連して活性酸素についてはコチラの記事

今回の場合の危険となる条件とは「食べ過ぎ」です。
食べ過ぎた場合・・・
というその条件が出た時にリスクが生じます。
つまり食べ過ぎという行為がダメなだけで
食材自体に罪はない
です。

なので今回のお客さんとの会話に
話を戻しますと・・・
その上司の方は脂肪肝であるわけですから
エネルギー摂取量や動物性脂肪などの
摂取の仕方に留意しなければなりません。

おそらく医者から食事内容を
釘刺されたと予想がつきます。
様々な過程や条件をすっ飛ばして
医者の言葉を端折って「米を食べると危険」
的な浅い解釈となってしまったのでは・・。

浅い思想

「米」が例に出ましたのでそのまま例にしますが
米にはヒ素などの有害物質が含まれているから危ない
といった表現をしている方が一部居ます。

米といえば我々日本人の主食でありますね。
そういえば主食の定義ってなんだと思いますか??

一般的に大量生産可能で安価でエネルギー源として
優秀なモノが主食
となります。
米であったり小麦(パンなど)だったり芋類だったり。
歴史を遡れば理解できるかと思いますが
これら主食はそれぞれの国の民を飢えから救い
時代をまたいで幾百年も命を紡いできた食材

であります。
果たして本当に危険でしょうか。
色々と敏感過ぎやしませんかね。
私個人的にはこういう極端な解釈の人や
ノーエビデンスで物を言う人、スピリチュアルな人が
大嫌いです。笑

さて、話を戻しますが
米は危ないという発言をする人の中には
先述の通り糖質過多になるから危ないと言う人も居れば
有害物質などが含まれるから危ないと言う人も居ます。
前者の場合は代わりに玄米が薦められ
後者の場合は米を絶つことを薦められます


前者の場合はただ食べ過ぎが原因となる訳ですから
発言自体が愚者のモノ
だと分かりますね。
後者の場合を考えてみましょう。
確かに米は育っていく過程で土壌から吸収し
有害物質が溜まっていきます。(ごく微少)

無論人体には影響が出ない量です。

勘の良い人は分かるかと思いますが
それって米に限ったことじゃないのです。
仮に米は危ないからオートミールにしょうとか
それって同じでしょ・・・ってなるわけです。

又、白米の場合は精製されており
表皮が除かれておりますが
玄米の場合精製はされていないわけで
玄米の方がいわゆる有害物質量は多く
広義的な意味での「危険」でいえば
玄米の方が大きい
です。
無論玄米も別に影響が出る量じゃないです。

1つの方向からしか物事を判断できず
様々な要因が絡み合って結果・原因となるのに
それらを除いて結論として言い切るのが
いかに浅慮なことか分かるかと思います。

まとめ

情報の取捨選択能力が必須な世の中です。
誰もが容易に情報発信できる時代ですから
鵜呑みにしないように注意しましょうね。

私の知る限り
「危険な食材」と言い切れるのは
トランス脂肪酸のみです。

この記事を書いた人