ONI 鬼 コンボラック 着弾!!

KONDOです。
今日は新しく導入したコンボラックのご紹介。

コンビネーションラックの略称で
ベンチプレス台とスクワット台になるラックです。
パワーリフティング競技用で見かけるアレです。

過去記事ピックアップ

変に内側に寄る様な動作が無く
素直に真っすぐ押せる良いマシンです。
どことは言いませんが
私の上記リンク先記事の文を丸々コピペして
SNSでこのマシンの説明をしている
ジムがあるんですよね、笑います。

導入理由

私はそこまでベンチプレスが好きではなく
あまりやってこなかった人間ですので
そこまで個人的にノリノリではなかったんですが
ODAもKAMEYAMAもベンチが割と好きなので
パワーラックだと圧迫感もあるし
コンボラックに変えるか~ってことで変えました。
お察しの通りお客さんファーストではなく
自分らの趣向に合わせて導入する感じは
今回も発揮されましたね。

とは言ってもさすがはコンボラックで競技仕様、
ラックの高さをめちゃくちゃ細かく設定できるので
お客さんにもメリット大ありです。

コンボラック

鬼 コンボラック ベンチプレス

先述の通りめちゃくちゃ細かく高さを設定できるので
ラックアップがストレスなく出来るのが良い
ですね。
加えてベンチを支柱にはめ込んで留め具で締めて
使用するためベンチのズレや中心位置に合わせる
煩わしさが無いので素敵です。

また個人的に嬉しかった点は
フック部分がローラーカップであったことです。
これによりバーベルを左右に簡単にズラせますし
何よりバーベルにダメージが少ないです。
これが標準装備とはナイスコスパです。(ロット5)

スクワット

さらに支柱の裏側にジャッキがついており
バーベルが乗っていてプレートもついていようとも
結構重さがあっても容易に高さ変更が可能です。

「もう少し高い方が良い」 と思ったら
パワーラックとかだとバーベルを1度下ろして
フックの位置を変えてバーベルを戻して・・・
みたいな面倒な作業があったんですけども
ジャッキがあることによってテコの原理で軽々
持ち上げられて高さを変えれるので楽ちんです。

コンボラックを導入したことによって
パワーリフティングジムにボディビル要素のマシンが
加わった感じになって
めちゃくちゃ理想的なジムの環境になりました。

これからも豊橋市で最も優れたパーソナルジムとして
あり続けるためにどんどん変化させていきますよ!!

この記事を書いた人