子どもと筋トレ 迷信

KONDOです。

当ジム会員さんのお子さんにも
少年野球やらサッカーやら
色々クラブチームに所属していて
練習に励んでいる子が居ます。

時折お母さん方から
「○○しろってコーチに言われたんですが」
「○○を○kg毎日食えって言わたんですが」
と相談されることもあるのですが
それが残念なことに全て間違っているんです。

おそらくそのスポーツのコーチって
報酬が出ている訳でもなく
もはや趣味の延長線的にコーチを
引き受けられている人が多いのだと思います。
(もちろん例外あり)
コーチの優秀さに報酬の有無は関係ありませんが
大概「お前いつの時代だよ」って
ツッコミをせざるを得ないほど聞いている限りでは
理論も知識も何も無いコーチがほとんです。

自分の現役時代にしてきたことと
ちょっとばかし本屋で買った本の
薄い知識を上乗せしたような知識で
あまり子どもに指導すべきでは無いですね。

今回の記事は比較的新しい研究で
子どもと筋トレについての迷信についてです。

筋トレと迷信

この研究を見ていて思い出しました。
そういえば中学生の時
何を思ったのが一時的ですが
筋トレを始めたことがあって
親に報告したら「背が伸びんくなる」
って言われたことがありました。

子どもと筋トレに関するよくある迷信について。

よくある迷信としては

  • 骨の成長を妨げる
  • 筋トレはアスリートだけのもの
  • 12歳までやるべきでない
  • 女の子がゴツゴツする
  • 危険

というものが挙げられております。
特に「骨の成長を妨げる」と
「12歳まではやるべきでない」というのは
言われてことある人や
聞いたことがある人が多いのでは。

市営のジムなんかにも注意書きとして
「12歳未満 ダンベルエリア使用禁止」
みたいに書かれていることがありますね。
これは色々な意味で危険だからですかね?

しかしながらこの迷信に対しての真実として
研究では真逆のことを示しています。

  • 骨を強くする
  • 全ての青少年の健康やスキルの面で良い
  • 指示やルールに従った上での実施なら問題無い
  • 子どもの筋トレでの効果は主に神経筋適応
  • 技術本位なら安全に実施可能

とあります。

重要な点としては
“正しくできるなら“的な
適切な指導があってこそとなってはいます。
つまり筋トレ自体が悪影響ではなく
やり方次第で善にも悪にもなり得ます。
何でも一緒ですね。

関連記事

まとめ

よく言われている
「身長が伸びなくなる」とか
「骨が弱くなる」的なのは無視で良いです。

ただ“適切に“という副詞がついていますので
そんな指導者居る?という点です。
アスリート指導を謳っているパーソナルジムでも
SNSのぞいてみると
クソみたいなクリーン教えてたり
訳分からんことやってやった気になってるところ
めちゃくちゃ多いです。

残念ながら私が豊橋にいて
何かしらのスポーツのコーチが親御さんに
伝えている指導内容を聞いて
「その人正しい」って思ったことありません。
むしろ時代錯誤も良いとこな人ばかりです。

筋トレは悪ではありませんが
悪にしてしまう愚か者が周りには
たくさん居るということは
知っておいて損はないかと思います。

この記事を書いた人

KONDO

プロフィール不詳。