続、恋とバットはフルスイングで。

こんにちは。桃色片想い代表ODAです。
熱い季節がそろそろやってきますね。
熱い恋愛の季節も到来です。
そうです。セ・パ交流戦ですね。

ODA

楽しみです。はい。
レギュラーシーズンを左右する戦いから目が離せません。


戦いの中でどんなスイング合戦がみれるか楽しみでしかないです。
今回はパリーグ編の続きです。セリーグ編。

村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)

東京ヤクルトスワローズの村上選手
若き大砲がプロ野球を席巻しています。
2019年に新人王を獲得し着実に日本を代表する打者です。
懐までボールを呼び込み一気にバットをぶつける。
コンパクトなスイングは、まるで武士が
刀を抜くときの姿そのもの。
スイングに美しさを感じます。
その美しさに惚れ惚れとします。

佐藤輝明(阪神タイガース)

豪快という言葉が似合う選手です。
ホームランを放った時の打球はピンポン玉が
弾け飛んだような一撃です。
空振りも絵になりますし
ホームランも絵になります。
それだけスケールの大きい選手であると断言できます。
コチラのブログにも佐藤選手を紹介しています。
これからも注目すべき選手です。

石川昂弥(中日ドラゴンズ)

甲子園を大いに沸かせた選手です。
右方向や左方向に強い当たりを打つことができ、
豪快さある打撃からコンパクトに対応できる技術も
兼ね備えている選手の1人です。
覚醒したら日本を代表する選手になる逸材です。
中日の本拠地である広いバンテリンドームでは
なかなかホームランが出にくい球場ですが
そこでもコンスタントにスタンドインできる可能性を秘めています。
スタイリッシュな打撃フォームはカッコよさを感じざるえないです。

鈴木誠也(広島東洋カープ)

強くバットを振る。
そんなイメージが強い選手の1人が
広島東洋カープの鈴木誠也選手です。
ボールを一発で仕留めるという必殺仕事人感があります。
走りうちは無くしっかりをバットを振ることは全野球少年たちは
真似をすべきだと声を大にして言いたいです。
ホームランを打った時、しっかりと振り切ってから
しばらく、ゆっくり歩く姿はは威風堂々としていてカッコ良いです。

宮崎敏郎(横浜DeNAベイスターズ)

職人技といえる打撃技術。
構えから特徴的な感じが伺える。
左足を大きく上げてからどーんと踏み込んで
振り抜くスタイルは魅力を感じてしまう。
空振りした時の豪快さ。
しかし、豪快さと共に左右に鋭い当たりを放つ柔らかさを
備えており、高い打率を残すことが出来る。
一度打撃を見てしまえば、しばらく記憶に残ってしまう。
記録と記憶両方残る選手の1人です。

今後も見逃せない

プロ野球はまだまだ始まったばかり。
今年はどんな選手が表舞台に出てくるのか
見るところが多くあります。
そして再度、以上の選手のバッティングフォームを
草野球4打席の中で4打席とも上記の選手の
真似をしている人がいたら、
多分、それも僕です。

この記事を書いた人

ODA世界観

NSCA-CSCS
健康運動指導士
健康運動実践指導者

パーソナルトレーナーとして年間で2000件近く指導してきて、豊橋市内での指導件数は一番多いのではと自負があります。それが経験として活き十人十色の骨格・体力を瞬時に認識して適したトレーニング指導ができます。
NSCA-CSCSの資格を取得して以来は、ウェイトトレーニングばかりではなく身体の柔軟性や動かし方などのコンディショニング面の改善意識も強く持つようになりました。ボディメイクはもちろんのこと、姿勢の意識をはじめとする腰痛や肩こりに対してアプローチし身体の不調を整えながら楽しくトレーニングを行えたらと思います。